【浮気事件簿】婿養子夫のガマン限界!虫歯息子を放置し、奔放妻が通うマンションに待つ人は?~その1~

【浮気事件簿】婿養子夫のガマン限界!虫歯息子を放置し、奔放妻が通うマンションに待つ人は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、男性です。高田怜司さん(仮名・45歳)は、今から10年前に奥様の実家に婿養子に入る形で結婚しました。怜司さんは、奥様のお父様が経営する会社で働いているのですが、真面目で誠実な人柄を見込まれて、結婚の話が持ち込まれたそうです。

「当時の私にとって、美しく聡明な社長のお嬢さんと結婚できるのは、夢のような話でした。彼女は有名なアパレルメーカーでバイヤーとして活躍していたのです。18歳から留学先のパリにずっと住んでいて、時々日本に帰って来たのですが、モデルのようなスタイルと雰囲気に圧倒されており、一度も話したことは無かったのです」

5歳年下の社長のお嬢様は、華やかな人脈を持っていました。

「彼女が30歳、私が35歳のときに初めて会い、その1か月後には結婚式でした。よく笑いさっぱりした性格で、華やかな雰囲気の彼女には芸能人の友達も多く、別世界の人という感じでした。それでも一緒に暮らすうちに、本当はさみしがり屋で、見栄っ張りなところがある妻の弱い部分も見えてきて、それゆえに、どんどん妻のことが好きになっていったのです」

2人の趣味は海外旅行。結婚後すぐに生まれた息子を近所の実家に預け、南米、アフリカ、オセアニア、中東などあらゆる場所に出かけたとか。

「6年間は、家族仲良く生活していたのですが、妻の様子が激変したのは、義父と同じ超名門小学校に息子を入学させてからです。“親の役目は終えた”とばかりに、息子に興味を示さなくなりました。仕事に復帰し、息子を実家に預けっぱなしにして、出張三昧なのです。仕事復帰とはいえ、会社員としてではなくフリーランス契約。常駐しているわけではありません。それなのに、残業、パーティー、発表会、展示会を理由に平日は深夜まで帰ってこない。ここ半年は、土日も出かけるようになりました」

怜司さんも次期社長として、商談や展示会など国内外を飛び回るうちに、子供を実家に奪われる

1 2
貧困女子 アラフォー 時短 占い その1 浮気事件簿 金運 美人探偵 アラサー 結婚 恋愛 運勢 浮気 セカンド アプリ 恋愛講座 恋愛運 iPhone 婚活 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。