【浮気事件簿】エリート男子は母性が大好き!?夫が求めた亡母の面影~その2~

【浮気事件簿】エリート男子は母性が大好き!?夫が求めた亡母の面影~その2~

女性はターミナル駅付近の、タワーマンションに帰っていきました。軽く酔っていた様子で、バッグを探してもカギが見当たりません。エントランスのパネルに部屋番号を入れてピンポンすると、モニターには高校生くらいの男の子が映し出されていました。

「ママよ、あけて」と言っていたので、おそらくこの女性の息子なのでしょう。

すぐに依頼者・香苗さんに報告すると、「今、夫から来週末に社員旅行があると連絡が入りました。この調査にも行ってください。報告は、まとめてお願いします」とおっしゃっていました。

そこで翌週の週末に調査をしたところ、社員旅行と言うのは嘘で、彼女と熱海に一泊旅行していました。これは後でわかったことですが、高校生の息子さんはこの時、サッカー部の合宿に行っていたそうです。

報告の日、依頼者・香苗さんはどこか達観した表情で、「やはりそうでしたか」とおっしゃっていました。

「さもありなんというか、筑前煮は夫の実母の思い出のメニューだそうで、何度も作ってくれと言われたのですが断っていました。まさかこんなことになるなんて。でも、この女性の料理は雑ですね。まずそう」

さんざん、女性の悪口を言っていた香苗さん。調査をして本当に良かったと言ってくださいました。

「この女性とは結婚しないでしょうけれど、いざとなれば有利に離婚もできます。なにより事実が分かったことで、すっきりしました。その理由は、彼女は夫が10歳のときに亡くなった実母の代替え要員であるとわかったからです。だって、公園で筑前煮っておかしいですよ。真っ赤なマニキュアのケバいおばちゃんの作るものをありがたがって食べるって、ちょっと変な感じがします」

証拠を見たことで、レス問題も仕方ないと受け入れることができたと続けます。

「ホテルから出た彼女の態度は夫とラブラブしていますが、表情はかなりムッとしていますよね。たぶん、夫はできなかったんじゃないかなと思うんです。メンタルをやられたときに、強い薬を飲んでいたので、仕方がないです。それに、持つべき証拠があることで『なんでもこい』と強くなれた気がします」

今回の調査費は30万円です。

女性に胃袋をつかまれる男性は多い。それは、自分の母親と似た料理を作る人に弱い、ということでもある。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

賢人のまとめ

勤務の時間帯がおかしくなったことから、浮気が発覚することも多々あります。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/

時短 アプリ 浮気事件簿 その1 アラサー 結婚 婚活 セカンド 貧困女子 美人探偵 恋愛 占い 恋愛運 運勢 iPhone 金運 恋愛講座 アラフォー 浮気 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。