【浮気事件簿】貞淑・昭和妻がハジける昼下がりと、未知の「女の顔」……平成最後の4月事件~その1~

【浮気事件簿】貞淑・昭和妻がハジける昼下がりと、未知の「女の顔」……平成最後の4月事件~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、男性です。山本宏和さん(仮名・40歳)は、結婚5年、5歳年下の奥様が「なんかおかしい」と、私たちのカウンセリングルームにお見えになりました。まずは、奥様のことについて伺いました。

「妻は、私の両親のすすめで結婚したのです。両親は地元で医院を経営しており、今は兄が継いでいます。次男の私は大学時代から東京に出てきて、外資系の金融関連会社に就職しました。仕事に、趣味のトライアスロンや旅行などでフラフラしているので、『このままではいつまでも結婚しない』と地元で見つけてきたのが、妻だったのです」

奥様は名門女子短大を卒業し、実家に戻り花嫁修業をしていたと言います。

「イマドキ古風すぎると思って、『嫌だな』と思ったんです。男尊女卑な感じも、受け入れがたかった。でも、母親が異常に乗り気で、流されるままに結婚してしまったんです。妻の母親は、私の母の大親友で、2人は幼いころより『子供同士を結婚させて、ホントの親戚になろうね』と言っていたそうなんです。まあ仕事柄、お金持ちとよく会うんですが、念ずれば叶うというか、言葉の力って大きいと思いましたよ」

奥様は絵に描いたような、夫に従順な妻だそうです。

「自分で何も決めない、口ごたえしない、不満を言わない……なんでもハイハイって聞いているんですよね。私が今まで付き合ってきた女性が結構激しいタイプが多いので、拍子抜けしましたが、長い結婚生活では、妻みたいにストレスがない相手の方がいいと思いました」

奥様は、料理がプロ並みの宏和さんの好みに合う食事を作るそうです。

「基本的にいいものを食べて育っているから、悪くないんですけど、なんというか雑なんですよね。だから、彼女が作れるのは朝ごはんくらい。休日の昼や、夜は自分で作って食べています。それに本も読まないから会話にならない。私自身、つまらないと言えばそうかもしれません」

奥様は不安や不満を抱えると、家から片道2時間の実家に帰ってしまう。

1 2
運勢 アプリ アラフォー 金運 婚活 貧困女子 浮気 恋愛 恋愛運 美人探偵 キャリア 時短 不倫 恋愛講座 浮気事件簿 その1 占い アラサー 結婚 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。