【浮気事件簿】貞淑・昭和妻がハジける昼下がりと、未知の「女の顔」……平成最後の4月事件~その2~

【浮気事件簿】貞淑・昭和妻がハジける昼下がりと、未知の「女の顔」……平成最後の4月事件~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は男性です。山本宏和さん(仮名・40歳)は、結婚5年、5歳年下の奥様に異変を感じ、調査を依頼。奥様は貞淑で古風なタイプだと言います。

その1はこちら

☆☆☆

平日の昼間の外出が多いと聞き、都心の高級住宅街にある依頼者・宏和さんのマンション前で待機。都内に住む専業主婦の浮気は、基本的に公共交通機関での移動が多いのですが、宏和さんの家にはクルマがあり、奥様の浮気相手像も全く分からないので、探偵カーで待機します。

朝7時に宏和さんが出勤するのを見送り、奥様を待ちます。すると9時くらいに、白のツイード素材のワンピースとジャケットを着た奥様が出てきました。ほっそりしていて小柄、つやつやの黒髪がイメージ通りです。スッとした姿勢が、育ちの良さを物語っています。

彼女はすたすたと歩いて、駅まで行き、新宿の大きなホテルのラウンジに行きました。私も幸い、近くの席に座ることに成功。これで会話が拾えます。

席についてモーニングメニューを頼むと、すぐに喫煙ブースへ行く奥様。電子タバコを慣れた様子で吸い、再び戻ってきます。

そこで待っていたのは、60歳くらいのスーツを着た男性。奥様も美しいですが、この男性もお腹が出ておらず、髪もふさふさでカッコいい。

奥様は、よく通るはっきりした声で「先生、久しぶり~。どうしてたの?」と話しかけ、かなりきわどい会話を始めました。その中には「アイツは淡白だしヘタクソなのでつまんない」という言葉があり、これを聞いたら依頼者・宏和さんは深く傷つくのだろうなと感じました。

その後、1時間くらい楽しそうにおしゃべりして、ラウンジを出ます。後を追うと、タクシーに乗って歌舞伎町に行き、大人デートで使われることが多いやや高級なラブホテルへ入ります。平日の午前中で人がほとんどいないので油断しきっており、イチャイチャしている様子も撮れました。

4時間後、さっぱりした様子で出てきた2人はあっさり分かれて、奥様は百貨店に入っていきます。つまらなそうに店内を物色していても、金持ちオーラを察知するのでしょうか、店員さんがわらわらと寄ってきていました。

その日は、映画を一人で1本観て帰宅。話題のヒューマンストーリーでしたが、奥様は途中から爆睡していました。おそらく、疲れたのでしょう。

翌日は、宏和さんが本国とのスカイプ会議のために遅くなる日なので、夜に外出することを見越しました。この調査の場合、会話が決め手になります。なので、昨日のように会話が聞けるとも限らず、探偵を増員。4名体制にしました。

狙い通り、奥様は17時に家から出てきました。ピンクのシフォン素材の服を着ており、遠目には婚活中の女性に見えます。男性が好きそうな、ピンク、リボン、レースのアイテムを躊躇なく着てしまうところに、奥様の性格が表れていると感じました。

急にタクシーに乗り込み、男性とともに銀座の街に消えた

1 2
結婚 婚活 不倫 恋愛運 占い 浮気 美人探偵 運勢 その1 時短 恋愛 貧困女子 金運 アラフォー アプリ 浮気事件簿 キャリア アラサー セカンド 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。