【浮気事件簿】夫が妻に提示した「貯金500万円で専業主婦」の条件、妻が逃げ込む秘密の教室~その2~

【浮気事件簿】夫が妻に提示した「貯金500万円で専業主婦」の条件、妻が逃げ込む秘密の教室~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は地方公務員の山本尚史さん(仮名・40歳)は、結婚半年28歳の奥様の調査依頼をいただきました。

その1はこちら

☆☆☆

奥様は夜も休日も家にいて、依頼者・尚史さんとの接触を避けるような行動をしていると聞き、尚史さんの目が届きにくい平日の昼間に調査をすることにしました。

事前に見せていただいた写真からわかったのは、奥様がふっくらした体型の優しい雰囲気の美人であるということ。服装もパステルカラーのカーディガンを着ており、これは世代や嗜好を問わず、男性から人気があります。

探偵として多くの調査をしてきましたが、ふっくら体型、軽い巻き髪、リボンやピンクを多用したファッションをしていれば、男性がわらわらと寄ってくるのです。

調査は依頼者・尚史さんの帰宅が遅くなる火曜日に行なわれました。「お金をかけたくないし、法廷で争うつもりもないので、彼女が何をしているか、誰と会っているかを突き止めることだけしてほしい」と言われ、調査日を決めました。

朝7時から、マンションの前で張り込みを開始。エントランスが1つしかなく、クルマも自転車も持っていないので、見落とす心配はありません。

8時過ぎに奥様は出てきました。ふんわりした服装を想定していましたが、黒の上下のパンツスーツにメガネをかけており、シャープな雰囲気です。

そのまま後を追うと、都内に出て、ハローワークに入っていきました。奥様は結婚を機に、昼間の派遣の仕事を辞めてしまっていたのでしょう。思うような仕事が見つからなかったようで、30分ほどで出ると、新宿方面に向かい、ある雑居ビルの中に入っていきます。看板を見るとアートを主に教えるスクールのようでした。

中に入ってから3時間、まったく出てこないので、スクールの問い合わせ先に電話したのですが留守番電話に切り替わり、直接ドアを開けようとしても、カギがかかったままです。これは、奥様が誰かと中にいると確信し、隣のビルから部屋の入り口を見張ります。部屋に入ってから4時間後、奥様が出てきました。洋服を見ると、かなりシワが寄っており、髪も乱れています。これはおそらく、何らかの行為があったとみてもいいでしょう。

奥様の後を追うと、地味なカフェに入っていきます。そこそこ客が入っており、私たちは奥様の隣の席を確保。サンドイッチとミルクティーを注文してから5分後、30代くらいのイケメン男性が現れました。パーカをラフに着ており、にじみ出るような知性があります。この男性もすらりとしており、モテそうです。この男性は、奥様が上京するきっかけになった元カレでした。

2人がテーブルで話していた内容とは……

1 2
浮気 結婚 時短 その1 金運 恋愛講座 セカンド 運勢 美人探偵 貧困女子 恋愛 恋愛運 アプリ 浮気事件簿 アラフォー キャリア 不倫 占い 婚活 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。