【浮気事件簿】夫は「シングルマザー好き」、二重生活で借金まみれの現実に妻が下した決断~その2~

【浮気事件簿】夫は「シングルマザー好き」、二重生活で借金まみれの現実に妻が下した決断~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は食品関連会社社長の長谷川葉子さん(仮名・38歳)。結婚12年になる、美容関連会社を経営する旦那様の調査を依頼されました。

その1はこちら

☆☆☆                                                  

葉子さんから「夫は仕事が終わると、浮気相手の家に帰っています」と伺ったので、旦那様の会社が入居している都内のオフィスビルのエントランスで待機します。

クルマで出勤することが多いと聞き、旦那様が借りている立体駐車場前のコインパーキングに探偵カーも配備。

ちなみに、このビルは葉子さんが経営する別会社がオーナーです。駐車場も葉子さんが借りています。

16時にエレベーターから出てきた旦那様は、私たちに目もくれずエントランスを出ていきました。すらりと細く長い脚、高級そうなライダースジャケットが印象的で、とても絵になります。

駐車場に行くと、慣れた様子でクルマを出し、発進。車種は意外なことに、国産のコンパクトカーでした。このクルマも葉子さんが名義です。無駄なものにはお金を使わない葉子さんらしく、低燃費で長く使えるクルマを選んでいるようです。

クルマは都内を葉子さんの自宅方面に進むので、てっきり家に帰るのかと思いましたが、家の前を通り過ぎ、400mほど離れたところにあるアパートの駐車場に停車。ここは木造で築25年くらいの洋風な建物。外から人の出入りが丸見えです。

旦那様は慣れた様子でカギを開け、「ただいま」と言い、中に入っていきました。中には誰もいないようです。出入り口をそのまま見張っていると、18時くらいに小柄で華奢な女性が帰宅。おそらくこれが、浮気相手の女性でしょう。

すぐにジャージ姿で出てきた2人は、手をつないで近所の商店街でお買い物。妻・葉子さんはめったに近所を出歩かないので、大胆です。旦那様は身をかがめて小柄な彼女のお尻をつかんだり、頭にキスをしたり、高校生のカップルのようです。こういうラブラブな態度を自然に取る人は、自分がカッコいいと自覚している人が多いですし、そういう人はやはりモテます。

ちなみに女性は化粧が濃く、かなり大きく猫のキャラクターがプリントされたトートバッグを持っており、妻・葉子さんの洗練された雰囲気とは真逆。

スーパーでステーキ肉3枚と、フルーツとワインを購入し、駅まで行きます。誰かを待っている様子です。改札から出てきたのは、女性にそっくりな女の子。習い事の帰りのようです。

3人はあたかも親子のように、アパートに帰っていきました。木造のアパートなので、外に会話が丸聞こえです。女の子が寝るまでは、3人で楽しそうに談笑し、寝てからは大人の恋愛の時間のようでした。

その音声もしっかり録音したので、自宅デートとはいえ、動かぬ証拠になるでしょう。

葉子さんに報告をしたら、「この証拠を元に、離婚専門の弁護士に頼み、2人に別れてもらいます」とカウンセリングルームを出ていきました。

難航する別れ話に、調査をさらに重ねていった

1 2
貧困女子 アプリ 浮気事件簿 運勢 結婚 美人探偵 恋愛講座 セカンド 恋愛運 アラサー 占い 時短 その1 アラフォー 婚活 浮気 iPhone 恋愛 金運 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。