コラム 【浮気事件簿】新郎が結婚式で保険勧誘、営業体質な夫がハマる恋の罠と妻の過去~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、鈴木明花さん(仮名・32歳)です。彼女はグラビアアイドルのような、ナイスボディーの持ち主でした。あまりにも大きなバストとくびれたウエスト、キュッと上がったヒップを、紺色のコンシャスなワンピースが引き立てています。そのあまりのセクシーさに、女性ながら赤面してしまうほどです。

「たぶん、夫が浮気しています。先日、夫の口から『離婚を考えている』と言われたんです。夫とは5年前に職場で出会い、結婚しました。私は今、別の会社にいるのですが、夫の仕事が多忙なこともわかっています。ここ数年間はうまくやっていたのに……マンションを買ってからおかしくなったんです」

明花さんの旦那様は、大手保険会社勤務。営業のエースで、何度も表彰されるほどのやり手だといいます。

「もう、『人を見たら客だと思え』というタイプなんです。もともとおぼっちゃま育ちで、実家への反抗心から、大学を中退。その後、アメリカを数年間放浪して、25歳の時に保険業界に入りました。夫は私の3歳年上なのですが、交際中も夫と出かけていると、あらゆる人を勧誘するんですよ。例えば、記念日に行ったレストランのシェフと厨房スタッフ全員とか、ちょっと飲みに行った居酒屋さんにいる人の全員とか、保険に加入させています。何回も表彰されていて、年収は数千万円になるんじゃないかな」

聞けば、自由になるお金は、毎月数百万円だといいます。お金がある男性の多くが、浮気をすると感じました。

「夫はホントーに金遣いが荒くて、もともといいものを食べて、いい服を着て育っているから、スーツに50万円とかTシャツに10万円とか、フツーにポンって払うんです。私は和歌山県出身で、公務員の両親に育てられているから、食パンひとつ買うにしても、安い方とか、ポイントがたまる方を買ってしまうんです。でも、夫は違うんですよね。高いものを買うんです」

そんな旦那様が妻に明花さんを選んだのは、その美貌とナイスバディーだけでなく、堅実な性格に安心したのだと感じます。多くの夫婦を見てきましたが、うまくいく夫婦というのは、お互いの欠点を補い合っていると感じます。

「結婚式も東京の最高のところで挙げたのですが、私の親戚を招待し、30人分の交通費を全員払ったんですよ。挙式費用は総額1500万円だと聞きました。でも、全然夫は気にしないんですよ。まあ、結婚式場でウチの親戚を保険に勧誘して加入させていましたから。新郎が保険営業するなんて、聞いたことありませんよね」

お話を伺っていると、明花さんと旦那様は相性がよさそうです。明花さんと話していて、少々の浮気では動じない「妻の重さ」を感じます。

安定感ある夫婦関係に、離婚がよぎったきっかけは?

1 2