【浮気事件簿】「働くな」というセレブ夫に応えて専業主婦10年、流産をきっかけに復讐の炎が燃える~その2~

【浮気事件簿】「働くな」というセレブ夫に応えて専業主婦10年、流産をきっかけに復讐の炎が燃える~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、結婚10年の専業主婦・松本桜子さん(仮名・42歳)。仕事復帰に反対する10歳年上の夫と離婚して、自由を手に入れたいとのこと。離婚に反対するであろう夫を説得するだけの証拠を得るために、調査に入りました。

その1はこちら

☆☆☆

桜子さんがカウンセリングルームに持ってきた旦那様の行動記録データを精査し、調査日を特定していきました。

「夫は毎週水曜日と金曜日に、接待とプロジェクト会議が入ると言って遅くなります。怪しいのはこの2日間ですね。あとは、月に2回の地方出張です」

ひとまず、平日水曜日の夜から調査に入ることになりました。旦那様の会社のビルは、都心にあるオフィスビルで、出口が数か所あります。しかし、社員の出入り口は1か所のみ。そこで夕方から張り込むことにしました。

依頼者・桜子さんから、朝出て行った旦那様の服の画像が送られてきました。クリーム色の麻素材のスーツで、一昔前に流行した“ちょいワル”風ファッション。紺やグレーのスーツが多い会社なので、すぐにわかりました。

旦那様は育ちの良さが漂う立ち振る舞いをしており、清潔な雰囲気。出世する男性が持つオーラを持っています。

調査初日は会食で、上司らしき男性3人と18時に会社を出て、丸の内の有名なステーキハウスに入っていきます。予約で満席かつ、このレストランに入ると3時間は出てこないお店なので、じっと待ちます。

9時過ぎに6人で出てきた旦那様は、そのうち2人と有楽町の居酒屋さんへ。私たちも隣の席を確保し、彼らの話をそばで聞きます。旦那様は声のトーンが柔らかく、落ち着いた好人物。

居酒屋で一緒にいるのは、上司と同僚でした。彼らは会社や人の悪口を言っていたのに、旦那様はどんなにお酒が回っても、これからの事業戦略の話ばかりしていました。私たちも「出世する人は違う」と思ったところで、10時30分にお開きに。

同僚と別れた後、コンビニに向かい、購入したのは……

1 2
アラフォー 恋愛運 金運 その1 アラサー 婚活 美人探偵 運勢 キャリア 時短 浮気事件簿 不倫 セカンド 浮気 恋愛講座 占い 貧困女子 アプリ 恋愛 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。