【浮気事件簿】手塩にかけて育てた夫をとられてなるものか!やり手社長妻の執念の行方~その1~

【浮気事件簿】手塩にかけて育てた夫をとられてなるものか!やり手社長妻の執念の行方~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評がある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、会社経営者・沢渡真奈さん(仮名・40歳)。交際10年、同棲10年の彼と入籍したばかり。ボブヘアに黒のノースリワンピが似合います。赤いリップと巻き髪がフェミニンでおしゃれ。

真奈さんは「世間的には新婚なんですが、まあやっとのことで彼が重い腰を上げて結婚したので、気分は熟年夫婦です」とおっしゃいます。

結婚を先延ばしにする男性は「責任を取りたくない」「家庭に縛られたくない」「自由でいたい」と語る人が多く、そういう男性は浮気する傾向があるのもまた事実。最初に依頼を受けたときに、「これはクロだ」と思ってお話を伺いました。

「同棲中からちょいちょい浮気に気が付いていたのですが、まあ“よそのトイレを借りる”程度の話なので、あまり気にしなかったんです。そもそも、彼には私しかいないという絶大な自信がありますので、不問に付していたんですね」

その自信の根拠は、真奈さんの献身にありました。真奈さんはコーチング関連のセミナーを開催する会社を経営しており、日常的にマナー講師、パーソナルスタイリスト、メンタルを育成するプロフェッショナルに会っています。そこで得たエッセンスを、すべて彼に投入していたとのこと。

「最初に出会った時、彼は35歳でした。当時の仕事は、介護関連のお弁当を配達する配達員でした。ウチの親戚のところへ配達しているときに、何回か会ったんです。彼は超ヘンテコな制服をカッコよく着こなして、お年寄りにも人気があった。それで私から逆ナンパして、食事をするところまでこぎつけたのです」

彼はブラックな職場でこき使われていても、卑屈な感じはせず、気持ちよく真奈さんにオゴられたといいます。

「ヌルっと人の心に入り込み、コミュニケーション上手で、品がいい。聞けばそこそこの大学を出ているけれど、就職氷河期で就活をがんばる気にならず、海外放浪して帰国。なんか卑しいところ、汚いところがなくって、『こいつはものになる』と磨くことにしたんです」

交際したその日に、同棲を開始する

1 2
浮気事件簿 不倫 占い キャリア 恋愛運 恋愛講座 アプリ アラサー 美人探偵 運勢 浮気 その1 恋愛 セカンド アラフォー 金運 婚活 結婚 時短 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。