【浮気事件簿】手塩にかけて育てた夫をとられてなるものか!やり手社長妻の執念の行方~その2~

【浮気事件簿】手塩にかけて育てた夫をとられてなるものか!やり手社長妻の執念の行方~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者は、会社経営者・沢渡真奈さん(仮名・40歳)。同棲10年の彼と入籍したばかりで発覚した浮気について、私たちに調査を依頼。

その1はこちら

☆☆☆

真奈さんと調査日の特定のために打ち合わせをしたところ、旦那様の行動が怪しいのは、出張帰りの日だとわかりました。

「私は彼に、“吉方位”になるべく行ってもらうことを義務づけてきました。出張はなるべくいい方向に行けるように、時間と方位をアドバイスしているのです。凶方位の時は、早く帰ってくるように言っているのに、遅くなることがある。だから怪しいと思います。次の出張は、大阪の日帰り出張です。この日にお願いします」

早朝に、家から出る旦那様をまず確認します。依頼者・真奈さんからLINEで「今、夫が出ました」と入りました。旦那様は45歳という年齢を感じさせないほど、姿勢がよく歩き方が若々しい。白いパンツとネイビーのジャケットが似合っています。

この日、真奈さんの協力で、かなり目立つハイブランドのバッグを持っていただいたので、見失うリスクを軽減することができました。

というのも、この出張は凶方位のために飛行機移動。現地滞在時間は3時間なので、同行しては調査費用が高くなります。それよりは、夕方に羽田で待ち構えた方がいいのです。なお、帰りの便でわかっているのは、航空会社のみです。

旦那様は「何時に帰るの?」と聞かれるのが嫌いなので、10年間、真奈さんは帰宅時間を聞いたことがないそうです。ですから、旦那様に帰りの便を聞いてしまうと、疑われる可能性があります。事前情報は、飛行機で移動するということのみ。そこで、午後のすべての伊丹空港~羽田空港便に備え、8人体制で国内線到着口を押さえ、旦那様を探すことにしました。

14時頃に国内線到着口から出てきた旦那様を発見。しかも彼は、朝見たときにはなかった巨大な保冷バッグを持っており、危うく見失うところでした。その後、慣れた様子で、京急線方面に行きます。旦那様をよく見ると、依頼者・真奈さんが10年間かけて仕込んだだけあり、背筋がピッと伸び、立ち振る舞いも美しいです。周囲には慈しむような雰囲気が漂っていて、私たちも尾行しているだけで、運気が上がりそうな気分になります。

自宅とは全く反対側の電車に乗って、夫はどこに行くのか?

1 2
恋愛運 恋愛 アラサー その1 時短 占い 婚活 結婚 美人探偵 アラフォー 浮気事件簿 不倫 浮気 キャリア 金運 アプリ 貧困女子 セカンド 運勢 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。