コラム 【浮気事件簿】スクールカースト上位・年収3倍の格上妻の心が揺れた、青春時代から忘れられない片思い~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。山本直明さん(仮名・39歳)は、SEの仕事をしています。結婚して2年になる奥様について、私たちのところに相談に見えました。

依頼者・直明さんは、モデルのようなスタイルのイケメン男性。20代の頃は都内の名門大学の演劇部に所属しており、一時期はプロとして活動したこともあるとか。白いコットン素材のシャツとチノパンツのトラッドスタイルが似合います。清潔な歯と笑顔、低くはっきりした声のトーンが心地よく、直明さん自身がとてもモテそうです。

「2年前に結婚した妻は、私の大学の先輩なんです。バツイチで、アメリカにいる元旦那さんのところに高校生の息子がいます。名門中高一貫校を出てからウチの大学に入っていて、とにかく気が強くて華やかです。私は地方の県立高校から上京してきたので、都心に育ったセレブなグループとは距離を置いていました。大学在学中は妻の存在は知っていたものの、面識はありませんでした。恐れ多くて近寄れなかったのです」

奥様は大学卒業後、有名企業に就職し、転職を重ねてキャリアアップし続けているそう。

「年収も私の3倍くらいあると思います。私と結婚したのは、ワイン関連のパーティーで同じ学校だとわかって意気投合し、成り行き的に恋人関係になったのと、私のアパートの更新時期が重なったのです。『更新するならウチにくる?一人で生きるのに疲れちゃった』と言った姿にキュンときて、そのままプロポーズしました」

奥様の写真を拝見すると、やや小太りで色が黒く、目鼻立ちがハッキリした顔立ちで、いかにもキャリアウーマンという雰囲気です。奥様の実家が所有する都内のタワーマンションで新婚生活がスタート。

「結婚してからは、私が主に家事を担当し、楽しく生活をしていました。私は上京してから結婚するまでずっとボロアパートに住んでいたので、妻が住んでいる世界のきらびやかさが想像以上で驚きました。下から上の世界は見えないようになっているんだな……と。入籍だけして一緒に住み始めてからは、家で飲んだり食べたりする時間が楽しかったです。いつも隣で笑ってくれていた妻が、ここ3か月くらい前から帰宅が遅く、無口になり、私に対して冷たくなってしまったのです。それが気になって、今日相談に来ました」

社内での部署異動から、態度が劇的に変わった妻と、親友の密告

1 2