コラム 【浮気事件簿】スクールカースト上位・年収3倍の格上妻の心が揺れた、青春時代から忘れられない片思い~その1~

この3か月間の奥様の変化について詳しく聞くと、社内で異動があったことと、スポーツクラブに通い始めたというところが、探偵的には気になりました。

「妻の会社には私の親友がいます。高校の同級生で妻はこのことを知りません。先週、彼と飲んだ時に、『お前の奥さん、浮気しているかもしれないよ』と教えてくれたのです。なんでも、妻がいる今の部署は妻以外が全員男性で、その中には過去に恋愛の噂があった人も複数いるとのこと。妻は結婚してから『イケメンと一緒にいると、他の男に目がいかないわ~』と言ってくれていたのですが、妻とかつて恋愛の噂があった男性のうちの1人は祖父がドイツ人で、私以上にカッコいいのだとか。妻は性格的に奔放なところがあるので、まさかとは思いますが、その男性と復縁したら困ると思って相談に来たのです」

依頼者・直明さんは、奥様を心の支えにしています。

「それまで、いろんな女性と付き合ってきたのですが、頼りがいのある妻を得てしまうと、もう他の人とは付き合えない。そもそも、一人に戻りたくないと思います。妻が隣で支えてくれたり、守ってくれたりしている安心感は、本当に心地がいいんです。私自身も妻ほどとまではいきませんが、結婚してから努力を重ね、仕事もうまくいって年収も少しずつ増えています。それは妻がほめてくれるから。そういう“目に見えない部分”の大きな力を失うのが怖い」

そして、直明さんは「妻は気が強いし美人とは言えない。モテる要素は全くないんです」と言いますが、格下ともいえる男性を夫に選ぶという、思い切った決断をする奥様を魅力的に感じる人は絶対にいます。男女の問題に常識は通用しないものです。

「思い切って妻に、浮気をしているかどうか聞いてみようと思いましたが、怖くて聞けませんでした。ここは調査をしていただいて、離婚が回避できるような方向で、何とか話をまとめたいと思います。どうかお力を貸してください」

大学時代の奥様は都会的で華やかなグループに属していたそう。直明さんの同級生は、2人の結婚を知ってとても驚いたという。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

お金持ち既婚者同士の高校生風デートは、恋愛ごっこか、遊びか、それとも本気なのか?~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/