【浮気事件簿】不妊治療の末の妊娠7か月の妻をよそに、生活費を払わない夫がハマる女性とSNS~その1~

【浮気事件簿】不妊治療の末の妊娠7か月の妻をよそに、生活費を払わない夫がハマる女性とSNS~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は石澤聡子さん(仮名・39歳)は、夫婦関係の悩みで、私たちのカウンセリングルームにいらっしゃいました。

「今、妊娠7か月で、早めの産休に入ったばっかりです。それなのに、その2か月前から夫が生活費を入れてくれなくなったんです。夫は『子供ができたので、もう俺の役割は終わった。これからは好きに生きる』と言う。確かに、5年にわたる不妊治療で努力をしてきたことは確かですが、まさか妊娠中にそんなことを言わなくても……」

目に涙を浮かべて語る聡子さん。結婚7年間、大学の同級生夫婦の歩みを伺うと、特に問題になることもなく、私は新たな女性の存在を疑いました。

多くの男性は、妻が妊娠中に浮気をする傾向があります。そして浮気相手ができると、一時的に「妻のことが嫌い」になることが多い。これは、新しい相手と強烈な体験をし、より新鮮なほうに気持ちが傾いてしまうのでしょう。多くの場合、数か月経つと戻ることが多いのです。

そこで、浮気の可能性はあるかどうかを聡子さんに伺いました。すると「そういえば、転職して帰りが遅くなりました」と言う。これはかなり怪しい。

「昨夜は、『不妊治療中も君は配慮がなかったから、君が妊娠してみると、ホントに君のことが嫌いだと気が付く』などと言われました。実際に離婚という単語を聞くとショックです。私は産休ですでに会社を休んでいて、そのまま辞めるつもりでいたので、人生の計画が大きく変わってしまった感じがします」

あっけにとられる聡子さんに旦那様は、「のんきに産休を取っている君がホントに腹立たしい。立派に働いている女性は出産ギリギリまで働いて、すぐに復帰をしている」と言ったそう。

「今の仕事は不動産会社の事務なんですが、給料が高いとは言えないんです。『産んで復帰したら、仕事を変えるなりして自分の生活費くらい稼ぎなさい。その甘ったれた根性が気に入らないんだ。家賃と子供の学費は払うから安心しなさい』と。そんなことを言う夫は、こっちからお断りだとは思うんですが、離婚したら子供がかわいそうですし、夫に子供を奪われたら生きていけない。だからこの関係を何とかしたくて」

いきなり妻をディスり始めた夫に、なにがあったのか?

1 2
美人探偵 浮気 貧困女子 アプリ 運勢 アラフォー キャリア アラサー 結婚 恋愛 時短 婚活 セカンド 恋愛運 占い その1 金運 浮気事件簿 恋愛講座 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。