コラム 【浮気事件簿】学歴格差婚は失敗する!?ヤンキー妻が本気で挑んだ、離婚回避のための大変身~その2~

「この子が離婚したくないっていうものだから、あれからすぐに、食事の作法の先生とマナーの先生に送り込み、来月から、通信制の高校に通うことにしたんです。お婿ちゃんとの結婚が続くように、私たち夫婦が頑張らせているんです」

今まで、無気力にゴロゴロ過ごしていたけれど、もともとの頭はよく、目標を決めて何かをさせれば、それなりに結果を出せるという希美さん。流されやすく素直な性格ということもあるのでしょうか。おそらく、お母様のアドバイスに忠実に従ったのでしょう。たったの5日間なのに、劇的な変化です。

希美さんは、「マナーの先生は、本当に厳しいのですが、頑張っています」と語ります。

「こんなことがなければ、私もこの子に厳しいことも言わなかったんですけどね。正直、この子くらいだったら、離婚しても面倒見れるんですよ。でも、あれから『離婚したくない』って泣くでしょ。せめて、親が何とかしてやらなくちゃと思って。小さい頃からアートが好きだったから、学芸員の資格でも取らせようかと思っているんです」

お母様の友人のパーソナルトレーナーから、筋トレと食事指導を受け、健康的になり、血色もよくなっている希美さん。

その後、希美さんは半月間、実家で生活を続け体質改善に励んだそうです。それから、旦那様から離婚相談についての連絡があった時に、ヘアスタイルをショートヘアにして、健康的な姿になって登場。旦那様は心を動かされて、「やり直そう」という話になったそうです。

その後、お母様がカウンセリングルームに菓子折りを持参して、挨拶に来てくださいました。そんなことは滅多にないので、私たちも感激。

「希美もお婿ちゃんも、ホントにうまくいっているみたいで、子供を作ろうという話も出ています。あの子は今、パーソナルトレーナー、食事マナー、高卒認定試験の勉強、英語、作法、掃除のバイトと忙しいでしょ。やっと自分で何かしたいという気持ちになったみたい。小さい頃からエンジンかかるのが遅い子だけど、34歳でやる気になるっていいわよね。もちろん、希美の学費は私たちが出しているんですけどね」

聞けばお母様は複数の会社を経営しており、お父様もある外資系企業の日本支社長とのこと。

「兄二人がホントに優秀で、希美のことはほったらかしだったの。まあ、兄の子供たちの小学校受験も終わったし、これからは放っておいた娘の再教育ね。ぶっちゃけ、離婚してもいいと思っていたんだけど、あそこまで好きだと思わなかったから、私たちも頑張りますよ。とにかく、証拠があったから、強く出られてよかった。ホントにありがとうね!」

今回の調査費用は、60万円です。

離婚を避けるためには自分が変わることだと、様々な努力を始める人は、離婚を回避できる傾向がある。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

賢人のまとめ

結婚生活に不満がある人の中には、密かに別の物件を借りて住んでいるケースが多々あります。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/