コラム 【浮気事件簿】赤ちゃんを残して消えた15歳年下妻……夫の奪還計画の行方~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。竹田陽史さん(仮名・40歳)は、インテリア関係の会社に勤務する超おしゃれな男性。見た目以上に若く見えて、スリムなボディーと黒ぶち眼鏡がカッコいいです。

カウンセリングルームにいらっしゃったときに、その場が洗練されるような雰囲気になりました。テーブルの上の観葉植物を陽史さんがスッと動かすと空気が締まる、そんなプロフェッショナルさがあり、実際にモテるそうです。

「大学時代から女性にはアプローチされまくっていました。今まで付き合ったのは300人くらいはいるかもしれません。来るもの拒まずなんです。あまりにも女性と付き合っていると、『結婚するなら、もっといい人』と欲が出てきて、なるべく若くてかわいい子がいいとセレクトにセレクトを重ねて、2年前に結婚したのです」

探偵の経験から、独身時代にモテており、そのことを自覚している男性は、妻から浮気されることが多いです。女性に奉仕され、ちやほやされて当たり前という感覚がいつまでも残っていることが多いのが原因のよう。

また男性は努力を重ね続けないと、老いが忍び寄ってきます。陽史さんも若く見えますが、頭頂部をよく見ると毛髪が薄くなっていました。

「その……妻が、2週間前に突然家を出て行ったんです。服も荷物もほとんど置いて、東京都心にある実家に戻ってしまいました。ウチには1歳半の娘がいるのですが、その子を置いたままいなくなりました」

聞けば奥様は、日曜日の昼に陽史さんが家にいるところを確認し、スッと財布とスマホを持って、いかにも買い物に行くような感じで出て行ってしまったというのです。これは相当計画性が高く、何かをため込んでいる可能性が高いです。どのようなことがあったかを伺いました。

「結婚してまもなく2年になります。ハイ、私たちはデキ婚なんです。まあ、どこかで年貢を納めようと思っていたので、結果オーライだと思って結婚しました。妻は15歳年下の25歳で、結婚した時は23歳だったんですよね。あの時はホントにかわいかったのに、子供を産んでからどんどん強くなって、最近は考え方の違いで言い争うことが増えていたんです。付き合っていた時はかわいかったのに、結婚すると女は変わるってホントですね」

家出した妻とは音信不通に

1 2