コラム 【浮気事件簿】ママ友といるはずなのに…ぽっちゃり妻の怪しい行動、浮気疑惑は黒か白か!?~その2~

男性は奥様を家まで送り届けると、バス停2つ分離れたマンションに帰宅。表札の名字と、奥様が「〇〇〇クン」と呼んでいた名前を検索すると、YouTubeチャンネルがヒット。そこから多様なSNSが芋づる式に出てきます。この男性は、ビジネス系の人材育成プログラム的な内容のジャンルでは人気のようでした。SNSは公開になっており、都内の名門小学校から名門大学を卒業するまでの軌跡、家族について、日常生活についてなどを頻繁に投稿していました。ただ、今までに結婚したことはない様子です。

その中には、奥様の一部が映り込んでいるものも多く、彼女がいることを「におわせている」様子。もしかしたら、彼にとっては奥様が本命なのかもしれません。もちろん奥様が映り込んでいるシーンは、スクショして保存しました。

この報告書を見せると、依頼者・浩二さんは「なんてことだ」と顔が真っ白になっていました。言葉もかけられないくらい気落ちしており、浮気の罪深さが伝わってきます。

「お金も愛情面も不自由させなかったのに、なんでこんなことに……この結果も受け止め、絶対に離婚はしません」と言って帰っていきました。

その後、旦那様はこの男性講師に直接連絡を取り、話し合いの機会を持ちました。その日の夜にカウンセリングルームにお見えになりました。

「妻は男性に『私はシングルマザー』と偽っていたようです。ウチの近所のマンションは、男性の両親が住んでおり、彼は時々通っていると言っていました。妻との出会いのきっかけは、男性の母親が、バスの中で倒れたこと。妻が介抱したことで縁となったようです。事情を話すと男性は驚いたようでした。『僕、本気で付き合っていたんですよ。でもそういうことなら、私は身を引きます』と言い、妻のLINEを目の前で削除していました。

私もこれからなるべくこのことは忘れるようにし、子供達のためにも家庭を維持していこうと思います。

百貨店の外商部の担当者達は、奥様の執事であるかのようにケアをしつつ、店内を歩いていた。

今回の調査費用は、15万円です。

※本連載はプライバシーに配慮し、一部書き換えています。

賢人のまとめ

街でパートナーの姿を偶然見たり、SNSに映り込んでいる様子から、浮気が発覚することが増えています。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/