コラム 【浮気事件簿】自分で稼いだお金で買いたい!専業主婦13年、元キャリア女子が理想の夫を振り切るまで~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

今回の今回の依頼者は、谷川朱音さん(仮名・40歳)。

【その1はこちら

今回の依頼者は、谷川朱音さん(仮名・40歳)。1歳年上の旦那様と結婚13年になり、小学校6年生のお嬢さんがいます。旦那様はセレブでイケメンで家事メン、かつ育メン。非の打ち所のない旦那様と離婚するために、私たちに調査を依頼されました。

☆☆☆

朱音さんの話をさらに聞くと、夫に内緒で数年前から自宅で仕事を始めているといいます。

「同級生が立ち上げたベンチャー企業で、コンサル的な立ち位置で仕事を進めています。娘が学校に行っている間に出勤し、あとは自宅作業です。夫はうすうす気が付いているみたいで、変なタイミングでランチを誘ってきたりする。もうコソコソするのがイヤなんですよ。友人の弁護士に離婚を相談したら『自慢しに来たの?』とあしらわれたから、ここにいます。浮気の証拠がないと、マスコミと政府が言うところの“よき父でよき夫”と離婚できない。山村さん、何とか自由にしてください!」

探偵としての経験上わかりますが、妻とはレスの男性ほど、外で浮気をしています。妻には「EDになった」などと言いながら、外では盛んにやっているのです。理想の夫を演じながら、特定の相手と長期間交際しているケースもあれば、様々な相手と浮気していることもあります。旦那様の性格やスペックから、浮気のプロの可能性は少なさそうです。

スケジュールを伺うと、旦那様の仕事がマスコミ関係ということもあり、かなり不規則。出張も多く、これは実際に行っているようだと朱里さんは語ります。

平日は出勤も遅く、帰宅も遅いというので、自宅から尾行することにしました。

しかし、住んでいるのは都内屈指のセキュリティーを誇るマンション。ただの張り込みでは通報されてしまうので、実際に清掃作業をしている業者さんからミニバンをお借りして張り込み開始。

12時にマンションから出てきた旦那様を尾行します。出勤前に掃除と洗濯をし、娘の夕食を整えてから出るとのこと。背が高いイケメンです。

都心にある大きなビルに入ります。旦那様のオフィスが入るビルは出口が3か所あるので、それぞれに探偵を張り、ひたすら待機。

仕事はデスクワークか、たまたま内勤だったのか、全く動かず19時に出てきてタクシーで銀座へ。看板が出ていないレストランに入っていき、出てくるまで2時間待ちました。

40代と思しき、カジュアルな服を着た男性2人と計3人で出てきた旦那様は、店の前で「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」などとハキハキ言って、2人とは別方向に歩いていきます。

ファミレスに入ってPCを開いて仕事を始めるが……

1 2