コラム 【浮気事件簿】「ロックな男は結婚しない!」20年同棲した内縁夫の成功と裏切りの真相は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、山本麻莉奈さん(仮名・40歳)。入籍はしていないものの、20年間も同棲し、尽くし倒した内縁の夫の浮気疑惑が持ち上がり、私たちに調査を依頼されました。まずは、それだけの歳月一緒にいるのに、入籍をしていない理由を伺います。

「主人は……というか、入籍をしていないので彼は、元バンドマンなんです。『ロックンロールをやるからには、俺は絶対に入籍なんかしない。結婚なんて体制が作った制度だ』などと言っていて……」

彼はなかなかフリーダムな考えの持ち主の様子。年齢を聞くと、麻莉奈さんよりも8歳年上の48歳で、現在は会社の経営者をしているとのこと。

「私が大学時代に彼のライブを見に行って、衝撃を受けるくらいカッコよくて、そのまま押しかけ女房をしてしまいました。音楽で彼は生活することができず、それから15年間、私が生活を支えていたのです。大学も中退したし、親からはめちゃくちゃ怒られたし、子供も何回もあきらめたし……それでも私には彼がいればいいと思っていたのに」

20年間、一途に「彼のことが好き」と言い切る麻莉奈さん。ほっそりとした体形と目がクリッとした愛らしい顔立ちで、30代前半に見えます。ハイブランドの最新作のバッグを持ち、ゴスロリテイストのファッションが似合います。今は何をされているのでしょうか。

「5年前までは、高円寺の昭和なアパートで極貧生活をしていたのです。彼のバイト代が10万円くらいで、すべて音楽に消えていました。だから、私は派遣社員とスナックを掛け持ちしながら、月に20万円くらい稼いで、家賃や食費、光熱費などを払っていたのです」

昼も夜も働き、彼との同棲生活を支える麻莉奈さん。ストレスが多く、ハードな毎日を送るうちに体はボロボロに。35歳になった時に、重い病気が見つかったのだそう。

「腰痛が激しくなり、検査に行ったら即入院。幸い、手術で治ったのですが、医療保険にも入っておらず、実家に泣きつきました。3か月くらい入院している間、彼は何かに覚醒したらしく、音楽関連の事業をネット上で立ち上げたんです。そしたらそれが、大当たり。何千万円ものお金が入ってきたんです」

退院の日、帰る家は前とは別の家だった

1 2