コラム 【浮気事件簿】恋愛経験ゼロのエリート男子が、婚活アプリで出会った「理想の女性」の正体~その1~

その結果、光弘さんは手近な女性に興味を持たず、恋愛に恐怖心を持ち、性に対して強い警戒心を持つようになったのです。今までの恋愛について伺うと、「全くありません」と言います。

「自分はまだ女性と交際したこともなく、キスを含め肉体関係を持ったことがありません。父から『女性は被害妄想が大きい。思い通りにしないとキレることがある』などと言われています。だから、恋愛はしたくないんです。でも、最終ゴールとして結婚があるなら、女性も何も言わないと思いました。ちょうど20代後半から、結婚願望がものすごく強くなってきて、マッチングアプリや婚活アプリでいろんな人と会っているのですが、なかなかいい人に会えませんでした」

そんな中、「運命の人」と思ったのが、今回調査対象となる女性。隠し撮りしたのでしょう、写真を見せていただくと、つやつやのロングヘアのモデル体型の美女。背景は都心のハイエンドホテルのティーラウンジです。

彼女は真冬にも関わらず、ノースリーブのニットワンピを着ています。細いのにふっくらとしている、肌つやつやの二の腕がなまめかしい。自分の魅力をよくわかっている女性の典型的なパターンです。このタイプにエリート男子は弱いもの。

「これは3回目のデートです。会話はいつも彼女の趣味である、古い建築巡りの話が中心で、自分のことを全く話しません。自己開示がまったくないんです。デートには応じてくれるものの、こちらもどうしていいかわからない。そうこうするうちに彼女と本気で結婚したくなり、なんとか彼女の実情を調べていただきたいのです」

依頼者の理想の女性という彼女は、ロングヘアで物憂げな表情をしており自分のプライベートを話さないという。

※本連載はプライバシーに配慮し、一部内容を変えています。

相手によって、コスプレのように服を変える「理想の彼女」。その行動で依頼者の人生が変わる……~その2~に続きます

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/

Ranking

Information

Recommended sites