コラム 【浮気事件簿】自然にウソを重ねる夫に、不気味さを覚える妻……ペアルック夫婦の末路は?~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

今回の依頼者は、外資系企業で働く中野和香子さん(仮名・43歳)。結婚15年、外資系投資銀行に勤務する旦那様の調査を依頼されました。

【その1はこちら

和香子さんが住む品川区内のタワマンは、以前に一度調査をしたことがあるので、人の動線と張り込みしやすい場所がよくわかっています。

朝、7時から張り込みを開始し、8時に出てきた旦那様を尾行開始。ここのところ、カジュアルな服を着ている人ばかり見ていたので、ビシッと高級スーツを着こなしている旦那様はまぶしいオーラを放っていました。

無駄な肉が一切ないことがわかる長身と、スタイリッシュなビジネスバッグ……このバッグは、依頼者・和香子さんと色違いのハイブランドのものです。夫婦でお揃いのアイテムを身につけるほど、仲がいいのに浮気をしている……そういうことはよくあります。

駅からガラガラの電車に乗り、オフィスのあるビルへ。このビルは高度なセキュリティーを誇っていますが、エントランスロビーには常に人がおり、張り込みがしやすいのです。しかし、このときはコロナ禍中で人が全くおらず、目立つかと思いましたが、私たちもスーツを着ているので1時間程度この場所にいました。

10時にゲートから出てきた旦那様は、地下鉄に乗り都心のある駅で下車。高級スーパーでワインやビールを買い、近くの高級寿司店で折り詰めを2つピックアップして、近くのタワーマンションへと入っていきます。

その動作に一切の迷いがありません。依頼者・和香子さんが「ウチの夫はムダがとても大嫌いで、定番しか選ばない」と言っていたことがよくわかります。

さらにとても歩く速度が速いのです。法令順守にもルールがあるようで、子供が近くにいると信号を守るのですが、誰もいないとスタスタと進んでしまう。

マンションから出てきたのは、19時。旦那様の隣には、黒×ゴールドの派手なジャージを着た女性が腕を絡めてしなだれかかっています。かなりふっくらしており、髪が長くパサパサしている様子。

女性は尽くすタイプのようで、旦那様のバッグを持っています。そんな女性を愛しそうに見つめる旦那様。マスクをしていますが、2人が恋人同士なのは一目瞭然。

駅まで2人はイチャイチャしながら歩き、改札口で名残惜しそうに別れました。

2日目の調査も、1日目と全く同じ行動をしていました。タワマンがある駅に到着すると、女性が傘を持ってお出迎え。この日、にわか雨が降ったのです。

この日は、高級そば店でランチをテイクアウトして、仲良くマンションへイン。2日目のときは、女性はポストをチェック。ポストに書いてある名字を依頼者・和香子さんに伝えると、「聞いたことがある名前です」と言います。

夫と彼女の関係は「腐れ縁」以上のものだった

1 2