コラム 【浮気事件簿】「男は顔がよければいいの!」ツンデレ女社長を裏切った、イケメン夫の本心~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、吉田由美子さん(仮名・40歳)。彼女は私が学生時代から知る、セレブ中のセレブです。彼女のおじいさまが、戦後からさまざまなBtoB企業を多角的に経営しており、彼女自身もその中の何社かを任されています。

理性的で、決断が早く、従業員から慕われつつ恐れられているという、生まれながらの経営者ともいえる女性です。

カウンセリングルームには、最も入手困難と言われるフランスブランドの真っ赤なバッグを持ち、ハイヒールの音も高らかに、颯爽と現れました。

「あのね。今度の夫もまた怪しいんだけど。調べてくれないかしら?」と、いつものように用件だけをバシッと言ってきます。

由美子さんは、美貌、財産、頭の良さ、人脈……ありとあらゆるものを持っていますが、男運だけがないのです。

私は、ここ20年くらい彼女のことを知っていますが、少なくとも3回結婚して、3回離婚しています。その間も多くの男性と恋仲になっているのですが、いつも続かないのです。

お金をだまし取られたり、さんざん貢がされた後に連絡が取れなくなるなどは日常茶飯事。最もひどいと思ったのは、ある男性が未婚と偽り、由美子さんに接近。交際1年経ったところで、彼の奥さんが由美子さんに対して慰謝料を請求したことです。

そのときは、かなり落ち込んだようですが、すぐに立ち直って新たな恋をしているのです。そんな由美子さんの恋愛相手は、いつもハッと息をのむほどのイケメンばかり。

お金も仕事も頭脳も私が持っている。男は美貌さえあればいい

1 2