コラム 【浮気事件簿】「男は顔がよければいいの!」ツンデレ女社長を裏切った、イケメン夫の本心~その1~

由美子さんの恋愛は、顔が最優先。2年前に結婚した4人目の旦那様の写真を見せていただくと、日本で一番有名なイケメン俳優&ミュージシャンに似ています。現在の年齢は35歳とのことで、かなりモテそうです。

「ダンナのことは、ウチの会社が地方創生に力を入れていたときに、北海道で出会ったの。カッコいいからいいな……って。だって、お金も仕事も人脈も私が持っているから、男は顔でいいの!彼は大学卒業後ずっと地元にいて、同級生が経営する飲食店で働いていたんだけれど、年収が120万円だったのよ。だから、東京に呼び寄せて、彼の持つ才能や能力を磨き、私の仕事を手伝ってもらっていた。そしたら向こうから『結婚してほしい』って言うから、そうしたのよ」

由美子さんは上から目線で言っているようですが、彼女がとてもピュアなハートの持ち主で、旦那様のことを心から愛しているのです。ひたすら「自分だけを溺愛してほしい」という気持ちが強い、ツンデレ女子なのです。

浮気を疑った経緯について、伺いました。

「夫は福祉系の大学を出ていて、東京に来てからは介護施設のコンサルをしているのね。たまに夫のバッグを見ると、ピンク色の封筒が入っている。この前、通販が来て、夫が開梱しているところを見たら、避妊具が入っていたの。私とは子供を作る話をしているから、避妊具なんて必要がないのよ。だから、これは何かあると思ったの」

避妊具の存在や数から、浮気が露呈することはよくあります。これは限りなくクロに近いようです。

「夫の周りには、いろんな女がいた。北海道時代も、生活の面倒を見てくれている人がいたのよ。東京に来てからも、街を歩いているとナンパされるし、スカウトもされている。ちょい役だけれど、兼業モデルみたいなこともしていたんだよね」

しかし、旦那様は、かなりの美人好きだと言います。

「彼は私みたいに、洗練されている知的で都会的な女性が好き。相手はどこの誰だか知らないけど、彼の好みは、生活臭がないモデル体型の美人。避妊具を3箱も買っていることを考えると、相手とは子供を作るつもりがないのでしょうね。東京でいい生活をさせてあげているのに、私に対する裏切りが許せない」

強気で語りながらも、由美子さんは涙ぐんでいます。旦那様のことを相当愛している様子。

「今回は、ホントに運命の相手だと思ったんだよね。でも浮気していたら、私は彼を切る。しっかり調べてきてね」

由美子さんは複数の不動産を所有し、子供のころからお金に一切不自由したことはない。

※本連載はプライバシーに配慮し、一部内容を変えています。

仕事場近くで待ち合わせたのは、小太りの女性。高級寿司折が意味するものは?……~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/