コラム 【浮気事件簿】「子供は浮気相手と育てる」身勝手夫の不倫に、肝っ玉母さん妻の復讐は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は木村元子さん(仮名・44歳)。3人の子供がおり、昭和の肝っ玉母さんという豪快な印象の女性です。太目で小柄、顔が大きく、大きな目がらんらんと輝いていてエネルギーが溢れるようです。

「山村先生にぜひお願いします、夫の浮気の証拠をつかんでください」

探偵を始めて10年以上、初めて「先生」と呼ばれ、驚きました。元子さんは、この連載を読んでいてくださっており、「まさか私が当事者になるとは」と語っていました。

旦那様の写真を見せていただくと、目力が強い都会的なイケメン。ミュージシャンにいそうなタイプです。

「ウチの夫、私と釣り合いが取れていないでしょ。よく言われるんですよ。『なんであんなステキな旦那様に、妻があなたなの?』とかね。夫に片思いしているママ友がいるんですが、ウチに遊びに来るときはバカみたいに厚化粧して、ミニスカートをはいてくるんです。結婚15年になりますが、そういうことはちょくちょくあります」

元子さんと旦那様は、お互いが27歳のときに、ある音楽フェスで出会います。その翌年もバッタリ会い、交際に発展。

「夫は地方出身がコンプレックスなんです。だからオシャレでカッコよく整えているんですよ。やっぱり、このトシになってもそこそこな容姿を整えておくのは、エネルギーが要りますから。今もたまに言葉になまりが出て、恥ずかしそうにしていることがあります。私は生まれも育ちも表参道で、今も、実家が持っている港区内のマンションに住んでいます。最初に出会った時、夫は私が都会育ちなことに感動していましたから」

夫は尊敬できる相手に恋をする

1 2