コラム 【浮気事件簿】妊娠中に夫が200万の借金! 使い道はキャバクラ?それとも愛人?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、神田桃恵さん(仮名・38歳)。現在、妊娠6か月ですが、切迫流産で入院したため、公務員の仕事を休職中です。コロナ禍が落ち着いたタイミングで退院し、現在は自宅で安静にしているとのこと。

外に出るのが不安だとおっしゃるので、桃恵さんが住む都心のマンションの談話室にお伺いしました。ハイエンドマンションには、多数のゲストルームや会議室があり、他人に聞かれたくない話をするのにピッタリなのです。

桃恵さんは、小柄で華奢なので“女の子”という雰囲気の女性です。目がパッチリとしており、30歳くらいに見えます。

相談というのは夫の素行調査。桃恵さんが切迫流産で入院中に、夫が200万円ほど借金をしてしまったそうで、「何が何だかまったくわからない」と真っ青な顔をしていました。

「たった2か月程度の間に、何があったのかという感じです。友達に相談したら『借金の背景って、女じゃない?』と言われて、山村さんのことを思いついたのです。この連載をいつも読んでいて、証拠をつかんでくれそうだったので、お願いしたいと思ったのです」

旦那様について伺うと、歯科技工士をしている42歳の男性で、身長175cmのイケメンとのこと。借金があるとわかったのは、消費者金融の督促状が家に届くようになったから。

「明細を確認すると、私が入院してから10万円、20万円単位で借りるようになっていました。ウチは夫婦別財布なのですが、夫の通帳を探し出して記帳すると、700万円あった残高が0円になっている。言われてみれば、ここ半年ほど、生活費の口座に入金がされなくなっていました。結婚3年間、こんなことは初めてです」

桃恵さんと旦那様は、合コンで出会いました。

「地味な人だな……と思っていたのですが、向こうから声をかけてきて、交際が始まり、2年で結婚。計画的に子供もつくって、これからという時に、何をやっているんだか」

ぱっと見で偽造とわかる領収書を発見……

1 2