コラム 【浮気事件簿】ヤンキー妻の私物を質屋に売り飛ばした金で、年上夫が貢ぐお相手は…?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評がある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の相談者は、中林聖羅さん(仮名・24歳)。3歳の女の子のママで、15歳年上の夫と、港区内の高級住宅地の一戸建てに住んでいます。

聖羅さんは、ギャルっぽい女性です。結婚するまではモデルをしており、旦那様とは授かり婚だったとのこと。カウンセリングには、10歳年上のお姉様とお見えになりました。

聖羅さんのファッションは、かなりストリート系。ダメージデニムのショートパンツから、すらりと長い脚を伸ばしていました。ハイブランドのロゴがついたオーバーサイズのTシャツが、華奢なボディーに似合っています。ゆったりとしたドレープが、大きなバストを際立たせており、スタイルの良さをアピールしています。

一方、一緒に来たお姉様は、聖羅さんと顔がよく似ていますが、ぽっちゃり体型で小柄です。ゆっくりしゃべり、おっとりとした雰囲気の癒し系。聖羅さんとは異母姉妹とのことでした。お姉様は結婚されて専業主婦をしており、旦那様は法曹界で働いているそうです。

お姉様が「聖羅ちゃん、ご主人について、お話しなさい」と伝えると、心の底からウザそうに話を始めました。

「ダンナの外泊が、ここ半年くらい多いんですよね~。帰ってきたり、来なかったり。前に浮気していたことがあったんだけど、その時はチョー許せねえって、シメてやったんですよ」

聖羅さんはつまらなそうに言います。すると、お姉様が言葉を続けました。

「聖羅の夫は、飲食店を複数経営しており、もともと女性の噂が絶えない人なのです。3年前に娘の虹湖羅(にこら)が生まれてからも、何回か女性の問題があり、お金で後始末をしなければならないこともありました。そのたびに、私の父と夫が後始末をしてきました。しかし、今回は、今までの恩をあだで返すようなことをしてきたのです」

それは、聖羅さん名義で200万円の借金をしたことと、聖羅さんの両親が2000万円もの頭金を出して購入した家を売却しようとしたこと。

「ふざけんな!って文句言ったら、お前みたいなバカに何がわかると言って、出て行ったんです。1年前から生活費はくれないし、ニコラの世話は一切しなくなるし。私とニコラがお姉ちゃんの家に泊りに行っている時に限って帰ってきて、家にいないことを文句言う」

自宅の売却は、不動産会社の査定が来ただけで終わったものの、聖羅さんが大切にしていたジュエリーやバッグなどを売られているようだとか。

15歳の歳の差夫婦の不仲で娘が体調不良に

1 2