コラム 【浮気事件簿】「勝負下着のヘビロテはおかしい」マメ家事夫の予感は的中するのか?~その1~

既婚者の理由なき外泊は、99%浮気です。それなのに依頼者・浩司さんは、さらっと「外泊」と言いました。もしかして、奥様は過去に浮気をしていたのでしょうか。

「よくおわかりで。2年前に、妻が行きつけのバーの常連客と浮気をしていました。このバーのマスターのお母様は、僕が勤務している介護施設の利用者さんなんです。このことを妻は知りません。マスターのお母様は僕のことを『浩ちゃん、浩ちゃん』とかわいがってくれていて、僕が担当になってからは、めきめきと元気になったそうです。それでマスターが『たぶん、浩ちゃんの奥さん、ウチの常連だわ。それで、けっこうヤバめの男と浮気しているわ』と教えてくれたのです」

2年前、奥様が浮気していたのは、20代のシュッとした男性。しかし、少々荒っぽい仕事をしてことで有名だったそうです。

「妻と別れてほしいと、正面から言っても聞いてもらえないと思い、探偵さんに依頼して、浮気の証拠を取ってもらいました。妻も向こうの男性も遊びだったので、あっさり別れるといい、相手の男性は僕に300万円の慰謝料をくれたんです。そしたら妻が『アンタみたいなゆすり男が一番最悪』といって、半年くらい口をきいてくれなかった」

さらに奥様は、浩司さんになついている二人の息子も無視。

「息子たちから、『パパが卑怯なことをしたってママが言うんだ。でもパパはそんなことしていないよね』と言ってくれました。まさか息子たちに、ママは別の男の人と仲良くなったんだよとは言えないし……」

今回の浮気疑惑も、外泊の他にバーのマスターからのタレコミがあったとのこと。

「どうやら妻は、また同じ相手と浮気しているらしいんです。僕は平穏で平凡で、今日と同じ明日が来て、子供たちと妻と笑い合えるような家庭を築きたいんです。それは介護施設の利用者さんを見ていて感じます。お互いをいたわり合って老後を過ごしている人は、健康だし楽しそうなんです。今回の調査結果次第では、妻と別れることも考えています。」

密告者であるバーのマスターによると、奥様は水曜日にお店に来て、浮気相手の男性と帰っていくそう。

「僕が洗濯をしているからわかるのですが、水曜日にいつも妻は勝負パンツを着用するのです。パンツローテーションを精査しても、浮気があると思うんです」

勝負は水曜日。その日を狙って調査に入りました。   

奥様はかなり若作りなファッションをして出かけることも多いという

※本連載はプライバシーに配慮し、一部内容を変えています。

妻は金品を貢いでいたのではないか……~その2~へ続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/