コラム 【浮気事件簿】セクシー部下に夢中の夫、出張先での情事の証拠を会社に提出してみたら…?~その1~

このセクシー女性が来てから、清香さんの人生は悪い方へと回り始めたといいます。

「この女、仕事はデキるみたいで、入った翌月から営業成績トップですよ。私は体を使っているんだと思うし、女子社員全員がそう感じています。恥知らずなんですよ。見ているだけでイライラする。そのせいで、私は仕事でミスを多発してしまいました。さらに、夫からは煙たがられるし、ろくなことがない。この女は疫病神」

彼女は毎日、透けている素材のトップスか、胸元や背中がガッツリ開いたデザインのものを愛用しているとか。さらに、超ミニスカばかり着て、手足がすらりと長く、色が白いから、とても似合うのだとか。

「それは認めます。私は絶対にピンヒールなんて履けない。そういう服を着て、“部長ぅ~”ってしなだれかかって、2人きりの会議室で打ち合わせしたら、絶対にいい仕事をもらえますよ。それにクロージングの時だって、そういう迫り方をしたら、契約に結び付くはず。しかもこの女は話をまとめるのが上手く、頭がいいんです。ホントにムカつく」

しかし、そんな彼女の行動の傾向から考えると、インスタに載っていた「手にキス」程度は普通にしそうですが……。

「あの程度の写真で浮気を疑ったりはしません。この女の通勤状況を見ていると、夫が出張した翌日に、午前半休を取ることが多いのです。夫は、IT関連の特殊な知識とスキルを持っており、企業向けの講演会のために全国を飛び回っているのですが、かなりの頻度で、夫が出張に行った翌日、彼女が午前半休をとる。絶対に怪しいです」

清香さんは夫の浮気監視に厳しく、出張に行くと、夫が宿泊しているホテルの部屋に電話をかけて、“そこにいる”ことを確認しているのだそう。

「ほっとくと男はどんどん浮気しますからね。このくらいでは足りませんよ。普段の外泊も禁止しているからこそ、あの女を連れ込んでいるに決まっている。しかも彼女が午前半をとるのは、夫が新幹線で東京から2時間程度の範囲内の都市に泊った時に限るのです。例えば、高崎、藤沢、三島、新潟など。仙台や静岡の時は泊まりません。夫の講演会は夜から始まることが多く、そこから宴会になるので、夫を呼んだ側の会社がホテルを取ってくれるパターンが多いんです」

清香さんの今回の調査の目的は、彼女と夫と別れさせて、彼女から慰謝料をもらうこと。

「夫は私と話していても、上の空になることが多くなりました。夫の性格上、私と離婚することはあり得ない。とにかく彼女と別れさせたい。彼女が来たせいで、私たちの妊活もストップしてしまいました。ホントに人の人生をめちゃくちゃにする女なんですよ」

カウンセリングの2日後に、旦那様の新潟への出張があるといいます。清香さんは日程も新幹線の席も押さえているので、そこを狙って調査に入ることにしました。

セクシー部下は、女性社員からは煙たがられているが男性社員からは好感度が高いらしい。

目のやり場に困る……想像以上の彼女の露出&モテっぷりと、調査結果と会社の反応~その2~に続きます

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/