コラム 【浮気事件簿】セクシー部下に夢中の夫、出張先での情事の証拠を会社に提出してみたら…?~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、山田清香さん(仮名・40歳)。都内の大手IT企業に勤務する、ハイパーエリート女性です。美貌に恵まれ、帰国子女として活躍し、10年前に役員候補生と言われる旦那様と結婚。子供はいませんが、渋谷区内のヴィンテージマンションに住み、コロナ禍にも関わらず、イケイケな生活をしています。

夫が、セクシーをウリにした35歳の営業のエースに夢中になっており、2人を別れさせるために、私たちに調査を依頼されました。

【その1はこちら

調査は、朝、旦那様の出勤時からスタート。清香さん夫妻が住むのは、芸能人や政治家などが住む都心のヴィンテージマンションで、とにかくセキュリティーがしっかりしている、週刊誌の記者や探偵泣かせの物件です。

依頼者・清香さんが出張に向かう新幹線と、その座席番号もおさえているので、そこから調査してもいいのですが、浮気をしていて、妻が厳しい男性は、そういうところからウソをつくことが多いもの。

マンションから出てきた旦那様を追います。背が高く筋肉質ですらりとしていて若々しいのに、髪は総白髪に近く、顔にはしわが刻まれている。40歳と伺っていましたが、50代には見えます。

近所の人に朗らかに挨拶をして、水を購入したコンビニの店員さんにも、「ありがと」などと快活に話す旦那様はモテそう。ただ、こういう八方美人タイプは、心に闇を抱えていることも少なくありません。

オフィスに到着し、中に入っていきます。14時に出てくると、タクシーで東京駅へ。新潟へ向かう新幹線に乗り、即刻寝ていました。この新幹線は、依頼者・清香さんに申告した新幹線と全く同じでした。

新潟駅に到着すると、慣れた様子で大きなビルに入っていきます。18時からセミナーが行なわれるとのことで、社長然とした人が続々とビル内に入っていきます。完全に有志しかいない、クローズドのBtoBのセミナーはコロナ禍中も頻繁に行なわれています。

20時に終わり、出てきた旦那様は、30~50代の男性10人とタクシーに分乗して、隠れ家レストランへ。

私たちも探偵カーを手配して、外で張り込みを続けていたら、清香さんからLINEが入りました。

「あの女が、新潟にいます!」と。あわてて彼女のインスタアカウントを確認すると、イクラと甘エビとサーモンが載った海鮮丼に顔を近づけて、甘エビの先っぽを舌で舐めつつ、セクシーな表情を浮かべています。

これは、女の私でもグッとくる“エロ可愛い”表情。画像から判断すると、自撮りではなく、誰かが撮影しているようです。

旦那様の追跡はペアの探偵に任せて、私は彼女がいる店に向かいました。

店に到着すると、彼女はいました。向かい側には60代男性が2人。彼女はナンパされたようです。

3人はガンガン日本酒を飲んでいますが、彼女は表情一つ変えません。さらに飲み続けるうちに、男性2人が彼女の酒の強さに音を上げて、先に帰っていきました。

その後、10分くらいボーッとしていると、40代の男性が彼女をナンパ。店を出て、2人で近くのバーに行きます。そうこうするうちにペアの探偵から、「旦那さんが店を出ました」と報告がありました。

旦那様は22時30分にホテルに入りました。彼女はまだ別の男性と飲んでいる。かなりきわどいショートパンツをはいており、すらりとのびた長い脚を見せびらかすような仕草をしています。男性も目のやり場に困りつつ、彼女の腰に手をまわしています。

ホテルの廊下で探偵が見たものは……

1 2