コラム 【浮気事件簿】夫の遅れてきたモテ期、コンビニ外出5時間で判明した2人の女の影~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者・笹岡未希さん(仮名・41歳)は、英国と中国の留学経験を活かし、超大手企業に勤務しているスーパーエリート。結婚13年になる1歳年下の夫の浮気を疑い、私たちに調査を依頼してくださいました。

【その1はこちら

この場合、旦那様の行動を追うことが、調査の近道。勤務について伺うと、平日は毎日通勤しているとのこと。

未希さんは1日おきの出社で、出勤日は帰宅がかなり遅くなるので、その日は旦那様が早めに帰ってくるように取り決めしているとのこと。とはいえ、娘さんは部活で帰宅が21時を超え、息子さんは塾があるので帰宅が22時を超えることもあると言います。

浮気をするなら未希さんの出勤日だろうと踏み、まずは、朝から家の外で張り込み開始。未希さんの自宅がある高級住宅街は、路上で待機していると、不審者とみなされてすぐ通報されるので、ハウスクリーニング業者を擬態した軽ワゴンを手配して、その中から見張ります。

朝7時に出てきた旦那様は、ポロシャツにチノパンというビジネスカジュアルを颯爽と着こなして、足早に駅に向かっていきます。

都心に向かう電車には乗らず、逆方向に乗車。この時点で「浮気相手に会う」と確信しました。旦那様は、フツーに“いい人そう”な風貌で、浮気をするようには全く見えません。しかし、頻繁にスマホを見て、意味もなくにやにや笑い、とても楽しそうです。これは仕事ではなく、女性に会うのでしょう。

依頼者・未希さんが、この人が夫の浮気相手だろうと踏んでいる、優秀な息子がいるシングルマザーは派手な美人。一方、旦那様は、見た目は“いかにもフツー”。しかし、中身は超エリートで高収入。もしかしたら、お金目当ての略奪愛を狙っているのか……と思いました。

尾行を続けると、旦那様は数駅間乗って下車しました。

慣れた様子で駅を降りると、おしゃれな築浅マンションに合カギで入っていきます。30分後に出てきた旦那様は、大きな荷物をカートに入れて、河川敷の方まで歩いていく。カートに入っていたテントとハンモックを組み立てて、休んでいます。

1時間くらい経過すると、ジャージを着たすらりとした美人が女優風のサングラスをかけてやってきました。足首と手首がキュッと細く、胸が不自然に大きい女性です。年のころは30代半ばでしょうか、おでこが出ていて、唇がふっくらしており、プチ整形の跡が伺えました。

クーラーボックスから小さなボトルシャンパンを出して乾杯。女性のその仕草も艶っぽく、河川敷の公園の簡易キャンプ場なのに、夜の香りがプンプンしています。

昼になり気温が上がってくると、旦那様は道具を片付けてマンションへ。2人は手をつないで、楽しそうに歩いており、夫婦然としています。

17時にマンションから一人で出てきた旦那様は、自宅に直帰。おそらく、マンション内で関係を持ったのかもしれませんが、この日の調査はほぼ空振り。

休日に出てきた“第二の女”の正体は?

1 2