コラム 【浮気事件簿】節約モラハラな超ケチ夫が、木曜日に穿くブランドパンツ…これは浮気間違いなし!?~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、佐藤知佳さん(仮名・42歳)。結婚12年になる5歳年上の旦那様の浮気を疑います。この旦那様がとてもケチで、10歳のわが子(男)におもちゃも絵本も買い与えないのです。それもあり現在息子さんは、知佳さんの実家に住んでいるとのこと。

そんなケチ夫の浮気はどのように行なわれているか、調査に入ることにしました。

【その1はこちら

旦那様は、木曜日の夜に相手の女性と会っているようです。依頼者・知佳さんと旦那様は同じ菓子メーカーに勤務しており、社内のスケジュールがわかるため、その日を狙いました。

朝、知佳さん夫妻が住む、品川区内の高級ビンテージマンション前で張り込み開始。ここは億の値段が付く物件もあり、知佳さん夫妻は徹底した節約で、この物件を購入したのでしょう。なんというか、その意志の強さに、あたらめて驚きました。

朝8時に出てきた旦那様を追います。年齢は47歳、背が高くメガネをかけており、見た目はイケメンの部類に属する。おしゃれな中年男性と言ったところでしょう。でも、スーツがテカテカになっていて、バッグもボロボロ。あまりにもボロいので、目立ちます。

一度、都心のオフィスに出社。13時に会社を出てきて、旦那様は神奈川方面の電車に乗りました。

そして、各駅停車しか停まらない、地味な駅で下車。改札を出ると、周囲を見渡します。すると、3歳くらいの女の子の手を引いた、いかにも“昭和の母”というような女性が現れました。黒髪に古臭い服を着ており、依頼者・知佳さんに似ています。年齢も45歳くらいでしょうか。

3人は楽しそうにスーパーに寄り、見切り品棚からバナナとパプリカを取り、小麦粉と砂糖をかごに入れます。その後、バターと生クリームの棚に行き、最も安いものを購入していました。

旦那様はスマホの電卓アプリで、1gあたり最も安いものを選んでいるようでした。スマホは意外なことに最新の機種で、後で依頼者・知佳さんに聞いたら、「常に株式の動きをチェックするために、最新機種を購入している」とのこと。知佳さんにも最新機種を使わせているとか。お金に対する執着とその行動が、ガッチリ結び付いています。

その後、とっても古めかしいアパートに3人で入っていきます。1時間くらいすると、女の子のことを70歳くらいの女性が迎えに来て、2人きりに。

2人が男女の関係になっている音声は大きく、扉の外まで漏れ聞こえており、それをしっかり録音しました。

女の子の父親は誰だったのか……

1 2