コラム 【浮気事件簿】受験生娘の成績が急降下!パートに出た妻の不倫が家庭を壊す、そのとき夫は…!?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、磯山直樹さん(仮名・43歳)です。かつて、レストラン運営会社に勤務していましたが、コロナ禍でリストラに遭い、現在は転職活動中。

身長180cm以上の大柄で快活、イケメンの部類に入る男性で、実年齢より若く見えます。人気ブランドの赤いハートのワッペンが付いた白シャツを着ており、頭は丸坊主に近い短髪、声がとにかく大きくて、換気のために開けていたカウンセリングルームの窓を閉めました。

直樹さんが住む茨城県から横浜までは2時間近くかかります。なぜ、私たちに依頼をしてくださったのでしょうか。

「つくばエクスプレスに乗れば横浜まですぐですし、娘がどうしてもこちらにお願いしたいと言うので。“パパ、おしゃれして行ってね”と、このシャツを出してきました。娘はこのコラムのファンだそうです」

依頼の背景を伺いました。

「そもそものきっかけは、勤務していたレストラン運営会社を8月末でクビになったことです。役員待遇でそれなりに結果を出してきたので、給料も高かったです。でも、コロナでどうにもならなくなり、退職を受け入れました。会社都合なので、失業保険もあるし、貯金もたっぷりある。それに私は料理人としての腕もあるので、ゆっくりしようかと思っていたんです」

結婚16年間、専業主婦をしていた妻にその話をしたら、「パパが仕事を辞めたら、アタシが働いて家計を支える」と働き始めたのだとか。

「妻は仕事に向いていないので家庭を支えて欲しいと言って、今まで来ました。出会いは、僕が店長をしていたイタリアンにバイトに入ったことでした。彼女は僕より3歳年下ですが、信じられないくらい子供っぽい。注文は間違える、サーブも間違える、数字が苦手で計算ができない。遅刻や無断欠勤をするなど、社会人として問題があるところが多かった。それをフォローすると、泣いて感謝するんです。“バカでかわいいな”と思ううちに、男女の仲になって、結婚しました。すると、家事も育児も完璧で、現在15歳の娘を愛し、僕が仕事をしやすいようにサポートしてくれる。僕が会社の役員になれたのは、妻のおかげです」

妻としては最高でも、社会人としては最低

1 2