コラム 【浮気事件簿】パワハラ夫に浮気証拠で公開処刑!元客室乗務員妻が、高額慰謝料を得るまでの道~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、元客室乗務員のインスタグラマー・園川千晶さん(仮名・39歳)。4歳の娘がいます。10歳年上、結婚9年目の旦那様について調査依頼をされました。旦那様は経営者でありながら、バンドマンでカッコいい男性です。

【その1はこちら

調査当日は土曜日。朝5時から23区内のはずれにある、千晶さんの自宅前で探偵カーで張り込み開始。このエリアは、この地域の高級住宅街ですが、交通の便が悪く、多くの人がタクシーやクルマで移動します。

朝、6時にタクシーが家の前に停まりました。それから荷物を持った旦那様が出てきます。シルエットも細く、スーツをビシッと着こなしており、カッコいい。朝の光がステージのライトのように、すらりとした旦那様の姿を照らします。

早朝で人通りが全くないのに、明らかに他人から見られる姿を意識している。自分がカッコいいと知っており、それをショーアップする方法がわかる。常にその姿を礼賛してくれる人が必要な男性だと感じました。

賞賛者が必要なナルシスト系の男性は、かなりの確率で浮気していることが多いのです。

タクシーを追うと、新宿駅に到着。改札内に入り、多目的トイレに入って行きます。出てきたときは別人のようなカジュアルな装い。デニムにMA-1ジャケットを羽織り、これもまたカッコいい。

すれ違う女性が振り返ったことに気が付き、旦那様はふふんと鼻を鳴らしたように感じました。

荷物をコインロッカーに入れ、そのまま有人改札口からICカードの処理をして改札外に出て、ある高級シティホテルへ。スタッフとは顔見知りのようで、そのままチェックイン。ここに女性を呼ぶのかと思ったら違うようで、15時まで何の動きもありませんでした。

家庭不和の男性の中には、家に居づらくなり、ホテルに逃げ込んで一人で時間を過ごす人は少なくありません。

もしかして、旦那様もそうかも……と思いつつ後を追うと、電車に乗り、高円寺駅で下車。ある飲食店で旦那様がハイボールを飲みながらスマホをいじっています。すると、ミチっと固太りした20代後半くらいの女性がやってきて、旦那様の手を取りました。

妻・千晶さんに似ている美女かと予想していたら、まさかの真逆のタイプ。毛玉がついた奇抜なトップスにダメージデニム……15年ほど前に流行したシルエットです。2人は会った途端手を繋ぎ、イチャイチャしながらお酒を飲んでいます。

大声で音楽談義を戦わせて、最後には……

1 2