コラム 【浮気事件簿】自称・愛妻家の夫の本心がわからない……“彼女が妊娠”の真実は?~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、カリスマ美容師として活躍する佐々木麗子さん(仮名・35歳)。都内のヘアサロンに勤務し、アラフォー女性から圧倒的な支持を得ている女性です。物腰が柔らかく、上品で落ち着いている。ナチュラル系のファッション誌から抜け出してきたような女性です。

バッグは“あけびの蔓”で作られているというオシャレかつユニークな素材とデザイン。ファーでアレンジしてあり、とてもオシャレ。私がじっと見ていると、「マタギみたいでしょ」と小さな声でフフフと笑います。

歯並びが美しく、肌がきれいで全体的に上品。それゆえに、実年齢よりかなり上に見えます。

「落ち着いていると子どものころから言われていました。というのも、同居していた私の祖母が礼法の先生で、幼いころから立ち振る舞いを見ていたからなんでしょうね。厳しく指導するのではなく“食器は両手で持った方が、こぼしにくいよね”とか、“なるべく音を立てないで動くことは、優雅に見えるだけではなく、忍者みたいで楽しいでしょ”とか、面白おかしく教えてくれるんです」

父親は若くして他界しており、母と祖母と女3人で楽しく暮らしてきたのだそう。

「祖母から、髪はすべての印象を決める、と言われていたこともあり、ぼんやりと美容師になりたいと思っていたんです。一応、大学を出て会社員にはなったのですが、ピンと来なくて、美容学校に入りなおして、美容師になりました」

その美容学校で出会ったのが旦那様だといいます。

「彼と仲良くなったのは、18歳の子に交じって勉強している20代前半同士だったからなんですよね。その後、1年くらい付き合って、自然消滅。お互いにさまざまな恋愛をして、3年前に再会。その半年後に“どうしても結婚してください”と頼み込まれて、入籍しました」

現在、結婚2年半になる旦那様は、美容師になったものの、技術的には大成しなかった。しかし、サロン経営で頭角を現していたそう。

「なんというか、彼は女性からモテる。お姉様方からモテてしまい、厳しい修業が積めなかったんですよ。彼は大学の経営学部を出ており、マーケティングも独学で学んでいてセンスがいい。再会した時は、美容サロンのコンサルやアドバイザーをしながら、複数の店舗を経営していました」

LINEを見て、ある女性が妊娠していたという事実を知る

1 2