コラム 【浮気事件簿】20歳年上の美魔女を略奪婚した、恋愛経験ゼロ男子の大いなる不安~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、中嶋陸也さん(仮名・28歳)。陸也さんは大手ゼネコンに勤務しているエリート男子です。真面目を絵にかいたような風貌をしており、女性への免疫がゼロだとご自身で語っていました。

今回の依頼は、1年前に結婚した奥様の素行調査について。「自分に一切、興味を持ってくれないのです」と男泣きをしながら語っていました。

奥様の写真を拝見すると、とっさに“女豹”という単語が出てくるほど、セクシーで魅力的な女性です。カーヴィ―なボディを引き立てる、ボディコンシャスなニットの白ワンピースを着て、髪を美しく巻き、ハイヒールを履いています。

今の女性はカジュアルな傾向がありますから、女っぷりアゲアゲファッションにクラっと来てしまったのだと言います。

「妻とは、社会人合コンで知り合いました。僕は中高一貫の男子校から、理系の国立大学に進学し、周りは男性だらけという環境でした。ゼネコンに就職したら、女性がいるお店で接待を受けるようになりました。最初はよかったのですが、だんだんそれが辛くなってきて、人間不信になってしまったのです」

初恋もなく、今まで言葉を交わした女性と言えば、お母様とお姉様と食堂のオバちゃんと、歯医者さん程度だという陸也さん。ご本人は背が高く筋肉質で、黒髪のサラサラヘアと黒ぶちメガネが魅力的で、モテそうなのに、一切女性に縁がなかったと言います。

「僕はダムと橋が好きなのですが、一緒に見に行ってくれる人もいませんし……やっぱり、男同士で遊んでいる方が楽しいし、気が楽なんです。でも、ウチの会社は遊んでいる人が多く、彼女がいないといじりの対象になる。さらに、なんだかんだ言って、みんな楽しそうに彼女と交際したり、家庭を持ったりしている。そういうことに憧れていました」

先輩が連れて行ってくれた社会人合コンで、妻と運命の出会いをする

1 2