コラム 【浮気事件簿】20歳年上の美魔女を略奪婚した、恋愛経験ゼロ男子の大いなる不安~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、中嶋陸也さん(仮名・28歳)。陸也さんは大手ゼネコンに勤務しているエリート男子です。真面目を絵にかいたような風貌をしており、女性への免疫がゼロのまま、年齢詐称していた20歳年上の奥様と1年前に結婚。奥様には内縁の夫がおり、略奪婚したとのことです。

家族の反対を押し切り、マンションまで購入してしまった陸也さんの妻は浮気をしているのでしょうか。

【その1はこちら

今まで、様々な調査を手掛けてきましたが、調査前から“これは絶対に浮気している”と確信して挑むのは珍しいことです。なんというか、疑う余地がない、“完全なクロ”という調査は珍しいのです。

調査は奥様の勤務先からスタート。都内の雑居ビルのオフィスから出てくるところを狙います。このエリアは、重要な人物の自宅があるところで、警察のパトロールも頻繁にあります。

その日は残業があったのか、16時から張り込みを開始し、17時の退勤時刻になっても出てきません。一度、警察官の方から声をかけられましたが、身分を明かすと、次回からはスルーしてくれました。

結局、彼女が出てきたのは18時過ぎ。ツヤツヤのロングヘアを風になびかせて、真っ白なコートを着ています。小柄で華奢な印象で、マスクをしていても美しいことがわかります。

コロナ禍で多くの方が落ち着いた色の服装をして、マスクをかけるからか、どこかメイクも控えめにしているのに、奥様はマスクをしていても、ばっちりメイクをしていることがわかります。

マスクにはハートのマスクチャームが付いており、かわいらしさや愛らしさというものに触れていなかった依頼者・陸也さんが、コロッと好きになってしまうのも納得。

奥様は電車に乗り、4駅先で下車。ここは各駅停車しか停まらない住宅街なのですが、改札で60歳くらいの男性が待っていました。この男性はスーツ姿です。ダンディでカッコいい。

奥様は男性の手をとると、カップルつなぎにします。なんというか、濃厚な男女の雰囲気で、この2人の間だけ、やたらとセクシーなのです。

ペアの探偵と「家デートに持ち込まれたらヤバイね」と話していたら、2人は近くの街のお蕎麦屋さんに入って行きます。

2人は夫婦のようになれた雰囲気で、熱燗と板わさとおしんこを頼み、温かいおしぼりで手をふいている。

奥様の手は、テーブル越しに男性のほうにのびており、男性の腕や手をいとおしそうに触っています。

妻が語っている、生活の不満の内容に、依頼者は衝撃を受ける

1 2