コラム 【浮気事件簿】港区女子は母業に不向き!? 経営者夫に娘を託し、無断外泊する先は? ~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。阿部義人さん(仮名・34歳)は、小さなIT関連会社を経営しています。カウンセリングルームに、4歳のお嬢さんを連れてやってきました。

4歳ですから、大人が話すことはわかります。母親の不審な行動や、夫婦不仲の話を幼い子供に聞かせるのは忍びなく、ペアの女性探偵に近くの公園に遊びに連れて行ってもらいました。

義人さんは小柄で体格が良く、ハイブランドのメガネをかけていました。全体的におっとりとしており、悪く言えばボーッとした感じ。実家が杉並区内にあり、お父様が所有する不動産物件を管理しながら、会社の経営をしているとのことで、かなり裕福だそうです。

ちなみにお嬢様は義人さんそっくり。ぽっちゃりしていて愛らしく、おっとりした雰囲気で周りを和ませるような女の子です。

「問題というのは3歳年下の妻の事なんです。結婚して5年になるのですが、どうも娘のことが好きではないみたいで、今日のように僕に娘に託して、どこかに行ってしまうのです」

聞けば、友達に誘われると、娘を自宅に置いてスッと出て行ってしまうようです。そして家を出るときに「出かける」とだけ義人さんにLINEをするそう。

「3歳の娘をたった一人でマンションに置いていくから、僕は会社から慌てて帰ってくるんです。娘も慣れたもので、リビングでおとなしくタブレットを見ながら遊んでいるんです」

義人さんは軽く言いますが、これはれっきとした虐待行為。奥様はお嬢さんにずっとタブレットを与えて、育児をさせているようです。

奥様の写真を見せていただくと、ものすごい美貌の持ち主でした。大ぶりなパールのイヤーカフに、美しいロングヘア。華奢なボディラインをニットワンピで包み、斜めがけしているバッグは120万円のハイブランドのもの。なんというか、“港区女子”感がプンプン漂っているのです。

義人さんと奥様は、“合っていない”感じがする夫婦です。義人さんは資産家ですが、全体的に堅実で地味。奥様はパーッと華やかで派手好き。“著名人の彼女”というポジションがしっくりくるタイプです。

「去年あたりから、毎月渡している生活費を、50万円から30万円に下げました。というのは、ウチの両親から“50万なんて渡しすぎ!”ときつい指摘を受けたから。すると、妻は“あなたからもらう生活費が下がりすぎたので、一緒に生活する利点がない”とキレられました。でも、元に戻してあげたいけれど、そんなことをしたら父に激怒される。返事を保留にしている間に、“生活費が足りないから、私は働く”と、美容関連会社の社員として働き始めたのです」

その会社の名前を検索すると、表向きは女性社長でしたが、オーナーは男性だとわかりました。

「この仕事を始めてから、妻はホントに変わっていったんです。仕事を理由に外泊や出張を頻繁に行います。それまで、僕も娘のことを見てはいたのですが、完全に僕がひとりで見るようになりました。商談があっても、幼稚園に迎えに行ったり、行事に参加したりして、これがなかなか大変なんです」

それでも、義人さんの両親、姉夫婦と協力して、娘の世話をしてきた

1 2