コラム 【浮気事件簿】妻が育児中、マッチングアプリを使って……。「愛ゆえの浮気」と言い放つ奔放夫~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、公務員の川上友里子さん(仮名・35歳)。まだ生後半年のお嬢さんがいる、清楚で真面目な女性です。結婚2年、同じ年の夫(大手機械メーカー勤務)が「家族を維持するために浮気している」と言うので、もしもの時のための証拠として、浮気調査を依頼されました。

【その1はこちら

浮気は会社帰りの平日に行われていることが多いようで、帰宅を待ち伏せするように、旦那様が勤務するオフィスビルの前で張り込みスタート。

旦那様は身長がすらりと高く、真面目そうな男性です。派手なところは一切なく、悪く言うと“無個性”。特に何も言われなければ、スルーしてしまいそうな人物です。こういう人の尾行は、特にやっかいなのです。

ペアで仕事をしている探偵が、「身長が高いという特徴がなかったら、これは厳しい調査になっていたね。相手の印象に残らないから、あの人は探偵に向いているかもしれない」と言っていたことが印象的でした。

17時30分にオフィスを出て、最寄りのJRの駅まで600メートル程度歩きます。改札前で待っていたのは、40代と思しき清楚な女性。友里子さんにどこか似ています。真面目そうで、流行などには疎い女性が旦那様は好みのよう。

2人は初めまして、という感じであいさつし、何も話さずに再び電車に乗ります。山手線で移動する15分間も、ほぼ無言。ラブホテルがたくさんあることで有名な駅で降り、駅前のドラッグストアでミネラルウォーターのペットボトルを購入。

女性は無言で動く旦那様の後を、困惑しながらついていくという感じでした。この街は、浮気調査をする私たちが、路地の裏まで知り尽くしているような街なのですが、私達も知らなかった激安すぎるラブホテルに入って行きます。

旦那様は浮気もコスパ重視ということがわかりました。2時間程度で出てくるのかと思ったら、まさかの5時間コース。出てきたのは終電間際でした。

2人はほろ酔いな感じになっており、ホテルを出て、手を繋いで駅まで歩いていきます。人影がほとんどないことをいいことに、体を触り合っています。

このまま、旦那様は自宅がある方向の電車に乗りました。女性は別の方向に乗ろうとしていたので、依頼者・友里子さんに連絡し、女性の身元を調査することに。ペアの探偵は帰宅する旦那様を追います。

女性が帰っていったのは、普通の一戸建てだった

1 2