コラム 【浮気事件簿】アプリが結んだ運命の恋人……年下男子が純情を捧げたアラサー女子の正体~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。中村駿也さん(仮名・24歳)は、大手企業に正社員として勤務している堅実な男性です。控えめなスーツとビジネスバッグを持ち、快活にハキハキと話しており、とても好印象です。

ここ最近、20代の依頼者の方が増えているのですが、お話していて感じるのは、最初の印象の良さとは裏腹に、抱えている心の闇のようなものが深いこと。最初は調査のためのヒアリングだったのに、話が進むうちに人生のカウンセリングになっていくことも多いです。

さて、駿也さんは、なかなか相談しにくい様子でした。結婚もしていないとのこと。「彼女のことでご相談ですか?」と言うと、「ハイ、そうなんです」とやっと話し始めました。

「彼女は僕より6歳年上の30歳で、マッチングアプリで知り合い、交際半年になります。僕は結婚したいのですが、彼女は“あなたは若いし、微妙かな”などと言ってくる。僕にとっては初めての彼女だし、彼女と結婚することしか考えられないのです」

思い詰めた様子で話す駿也さん。なぜ彼女から「微妙」と言われているのか、その背景について一緒に考えることにしました。

「僕は童顔で地味だからかな……1か月ほど前から関係が変わり始めたというか……きっかけは、デートの途中にヘアサロンに連れていかれて、僕の髪の色を染めようとしたんです」

恋人をヘアサロンに連れていき、自分好みの男性にしようとしたのでしょうか。

「彼女と交際してから、彼女の言う通りの服を買ったり、バッグを持ったりしていたら、すごく仕事もうまくいくようになったんです。いつもそのことに感謝はしていました。肌も荒れていたのですが、ドラッグストアで化粧水を買ってきてくれてケアをしていたら、キレイになった。でも、茶髪は別です。ウチの部署はとても厳しくて、男の僕がカラーリングをしたら、絶対に変な目で見られる」

駿也さんは彼女に200万円を貸していた

1 2