コラム 【浮気事件簿】アプリが結んだ運命の恋人……年下男子が純情を捧げたアラサー女子の正体~その1~

彼女の写真を見せていただくと、かなりの美女。若干“港区女子”の感じもあります。黒髪ロングヘア、ピンクベージュのワンピースにパールのアクセサリーなど、“作り込まれた清楚感”はちょっと気になりましたが、30歳という実年齢よりも若く、25歳くらいに見えます。

「彼女はエステティシャンをしていて、マナーもステキで頭もよくて、最高なんです。僕が本気で結婚を考えるようになったのは、彼女がきちんとした大学を卒業していることと、手に職があることです」

彼女の様子がおかしくなったのは、1か月前くらいから。

「夜に連絡が取れなくなりました。LINEが未読のままになって、朝になると“ごめん、寝てた”と。そのことについて、僕が不満を言うと、ありえないくらいのきつい言葉で返してくるんです。あとは、家に入れてくれなくなりました。前は彼女の家でデートもしていたのに、ここ1か月は一切、行っていません」

これは、おそらく浮気をしている……。しかし、まだ結婚もしていないのですから、彼女とお別れするという選択肢はないのでしょうか。

「それは……。あーーーーーもう言ってしまいますが、彼女に200万円、貸しているんです。彼女の勤務先のエステにはノルマがあるらしく、その補填分です。彼女がしょんぼりしているから、貸してしまいました。あとコロナ禍で給料が減らされるなど、大変な思いをしているので、比較的恵まれている僕が、何とかしなくてはと思ったんです」

お金は振り込みではなく、いつも現金で手渡し。そのたびに、彼女は心からの笑顔で笑ってくれたとのこと。

「こんなこと、誰にも相談できません。もしかしたらだまされていたのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。彼女と僕は愛し合っていると感じる瞬間もあり、彼女とは結婚したいとも思っているんですが、お金のことも何とかしたい」

冷静になって考えると、駿也さんは彼女のことをほとんど知りませんでした。

「出身大学と勤務先と今住んでいる家のことしかわからないんです。友達も紹介されていないし、SNSもやっていません。でも、やっぱり僕は彼女と結婚したい。アプリがつなげてくれた運命の恋人なんです。彼女のことを調べてください」

マッチングアプリで知り合った恋人について調べてほしいという依頼は増えている。

※本連載はプライバシー保護のため、一部内容を変えています。

謎めいた彼女、勤務先は本当だったが、その他のことは嘘だらけ!?~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/