コラム 【浮気事件簿】交際4年の元お笑い芸人の彼が、結婚目前でキャラ変&別れ宣言の理由~その2~

彼は夕方にサウナ施設を出るときは、元のド派手な服に着替えて、荷物を車に入れ、手ぶらで移動。

驚くほどの速足で駅の方向に行き、電車に乗ります。都心の超高級ホテルに入って行き、ラウンジへ。そこには、明らかにオーラのすごい50代くらいの男性と、美魔女ともいえる60代くらいの女性が待っていました。

近くのテーブルで話を聞いていると、「ここで頑張らなくては、あなたの会社もダメになる」とか「この失敗の経験が、立ちあがった時のエンジンになる」など、暴言とも言える叱咤激励を飛ばしている。

彼は「ありがとうございます」と涙を流して、暴言を受けていました。ペアの探偵は「あんなこと言われたら、俺ならキレちゃうけどな」と言うほど、激しい言葉で言われていたのです。

おそらく、彼は何らかの理由で、自己啓発プログラムにハマってしまっている。すぐに麻友さんに報告したら「そうだったんですか」と驚いていました。

その男性と女性が席を立っても、彼は放心状態。麻友さんに依頼を受け、ペアの探偵がこの男女を追うと、都心の超高級住宅街にある、最低家賃が50万円ほどする高級賃貸マンションに入って行きました。

私は彼のほうを見守ります。とっくに冷めたコーヒーカップを目の前にして、放心状態です。3人分のコーヒー代を支払い、電車でサウナ施設に帰っていきました。彼はサウナで寝泊まりをしていたのです。

以上を報告すると、「浮気じゃなくて、こういうことだったんですか」と麻友さんは驚いていました。

そして、彼の共同経営者に連絡をしてみると、会社の経営がかなり危うくなっているということがわかったのです。

「私にはうまくいっていると言っていたのに、かなり辛い思いをしていたようです。彼はものすごくプライドが高く、お笑いを挫折したことをずっとトラウマに感じていました。今でも夜中に目が覚めて、“なんであの時頑張らなかったったんだ”と泣いていることもあるんです」

麻友さんは涙を浮かべ、目を真っ赤にしていました。

「作った会社をつぶすわけにはいかないって、すごく頑張っていたのに、新型コロナが襲って。私には大丈夫だといっていたのに、とても辛かったんですね。私はお金がなくたって、彼と一緒にいられれば幸せなのに」

その後、わかったことですが、彼は人生の一発逆転をしようと、怪しい商売を信じ込んで手を出すところだったそうです。

麻友さんは、彼が信頼している芸人時代の先輩に依頼し、彼を説得してもらったのだそう。

会社についても規模の縮小をしたり、今住んでいる家を引っ越したりするなど、お金がかからない生活も打診しました。

全てがバレてしまい、恥ずかしさと悔しさで動転している彼に、「もういいよ。一緒に頑張って生きて行こう」と声をかけ続けたそう。

「ひとまず、会社の負債額は300万円くらいで、一部は親から借り、融資も受けることができました。彼にはオンラインサロンは退会させて、今まで投資した100万円もあきらめてもらいました。聞けば、会社もきちんと動かせば何とかなる状態だったのです。あのまま、彼が不安にかられて変なビジネスにのめり込んでいたらどうなっていたか……それを考えると恐ろしいですね」

これを機に、麻友さんは、専業主婦になるつもりで働いていた派遣社員をいずれ辞めて、彼と一緒に会社の運営を手伝うことにしたそうです。

麻友さんは「まさか、こんなことになるとは思いませんでしたが、人生、楽をしようと思ってはダメですね。ホントにどこに罠があるかわかりません」と笑っていました。

彼は冷めたコーヒーを目の前にして、放心していたという。

今回の調査費用は、30万円です。

※本連載はプライバシー保護のため、一部内容を変えています。

賢人のまとめ

浮気調査から、浮気の証拠を押さえただけでなく、思わぬ借金問題や業績不振なども明るみに出ることもあります。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/