コラム 【浮気事件簿】表参道在住、年収一億円女社長が3日で入籍した男の正体~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

「結婚3か月となる夫の浮気を調査してください」と切実な声で依頼してきた化粧品関連会社を経営する39歳の美人社長の事件簿、その続編です。

婚活サービス会社のマッチングで知り合った男性と、交際3日で結婚した瑤子さん(38歳)。都内で化粧品関連会社を経営し、年収は1億円とも言われる彼女。唯一の悩みであった“結婚できない”という問題も解決し、順風満帆な人生がスタートしたかのように感じたとか。

瑤子さんは結婚してからさらに仕事に身が入り、変わらずに朝8時に出勤し、夜は会食などで24時に帰ってくる毎日。掃除や洗濯、料理を率先して行い、彼女を優しく支える年下の夫。そして早く子どもを産むためにも、毎晩のように愛し合う……ある意味、現代の理想ともいえる夫婦生活も3か月目。早くも“夫の浮気疑惑”という問題が立ちはだかったといいます。

まず、疑わしいと思ったのは、カーナビの履歴がすべて消されていたこと。瑤子さんがクルマで行くのは、羽田空港第一ターミナル、鎌倉のレストラン、逗子のスパ、白金のネイルサロンのみ。だから、カーナビは“履歴から目的地を検索”という機能しか使用していませんでした。瑤子さんは方向オンチなために、いずれの場所も何度行っても道が覚えられず、ナビ頼み。ある日、ネイルサロンに行こうと履歴を見たら、履歴が全消去になっていて、おかしいと思ったそうです。

そのとき、ボブの瑤子さんのものではない明らかに長い髪の毛がシートに付着していたので、たまたま持っていた洋服用のホコリ取り用の粘着テープで、ペタペタ。すると、瑤子さんのモノではない髪の毛が数本付着。ラジオもいつもと違うFM局に設定されていたとか。

帰宅後、夫に聞いたら「スーパーに買い物に行っただけだよ。履歴は間違えて消しちゃった」と明るい返事が。あまりの天真爛漫な返事に、髪の毛はもしかしたら自分の友達のものかもしれないと、問いたださなかったそうです。

次なる疑惑をもたらしたのは、一緒に結婚相談所に登録したIT関連会社の女社長からの連絡。彼女はまだ結婚しておらず、瑤子さんのアドバイスを参考に“年収不問、趣味不問”の姿勢で婚活に挑んでいたら、なんと瑤子さんの旦那様らしき人を紹介されたそうです。

彼女はSNSで瑤子さんの夫を何度も見ており、「絶対、あれは瑤子の旦那」と断定。これを聞いて家に帰った瑤子さんは、「まだ婚活サービス会社に登録しているの? それなら退会してくれない」と直撃。旦那様は悪びれもせず「うん、まだ登録しているよ、結婚したとはいえ、君は仕事三昧じゃない。だから僕も寂しいの。子どもができるまでは登録させてよ~。絶対にほかの女とHはしないから! 瑤子ちゃんがいちばん! 世界最高にいい女!」とお願いされ、「そんなものか」と受け入れてしまったそうです。

ほかに見当たる浮気の兆候としては、結婚当初にはなかった彼の変化。例えば、夜中にコンビニなどに出歩くことが増えた、毎月生活費(食材など)として15万円渡していたのに「足りないからもっと欲しい」と言ってきたなど、枚挙にいとまがありません。探偵的にはかなりクロなのですが早速調査をすることにしました。

 ▶︎▶︎▶︎瑤子さんの夫の驚愕の素顔とは? 

1 2