コラム 【浮気事件簿】元夫から略奪し、10年間同棲した彼女が結婚してくれない……王子系男子が見た現実~その1~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、佐伯柊也さん(仮名・34歳)。大手IT企業の正社員でSEをしている物静かな男性です。名門大学卒業で、顔立ちがとても美しく、ゆっくり話すのが印象的。性格も優しく真面目そうで、最初にお会いした時「貴族」とか「王子」いう単語が頭に浮かびました。

柊也さんは同棲10年になる2歳年上の彼女について、私たちに何度か相談されていましたが、そのたびに「やっぱり、大好きな彼女の秘密を知るのが怖い」と調査に入ることをためらっていました。

しかし、今回は、違うようです。というのも、柊也さんは大きなお家の長男。結婚問題は一族全員の問題だそうで、彼女のことを洗いざらい調べて、“佐伯家の嫁”にふさわしいかどうか、判断されるんだとか。

「イマドキ古臭いし、そんなのプライバシーの問題に反するとは思っていますが、両親や親戚からすると“結婚と恋愛は違う”ってことですよね。恋愛を楽しむのはいいけれど、家族になるなら、誠実で賢く、嘘をつかない人でないとダメなんです」

すでに親戚は彼女のことを調べているようで、彼らから事実を知る前に、自分でも本当のことを知っておきたいのだそう。

「僕は彼女のことがホントに大好きなんです。付き合い始めたときは、彼女は実は別の男性と結婚していて……僕はそのときは知らなかったんですが。それで、彼女が離婚するときに、相手の男性への150万円の慰謝料は僕が払ったんです。24歳の僕には大金でしたが、彼女のことがどうしても好きで」

彼女は地方の県立大学を卒業後、上京。堅実な電機メーカーでエンジニアとして働いているとか。写真を見せていただくと、ぽっちゃり体型で地味めなファッションをしています。肌の質感がなめらかで美しく、優しい印象。

「その後彼女と一緒に過ごした10年間は、平穏な幸せに包まれていて、それがずっと続くと思っていたんです。僕は結婚をしたかったんですが、彼女に“私じゃ釣り合わないから”とずっと断られていたのです」

柊也さんが結婚の話をするたびに、「私では釣り合わない」の一点張り。2021年になって、強引にでも入籍したいと言ったら、柊也さんを避けるようになってしまったそう。

別の恋人がいるのではないか……という疑惑

1 2