コラム 14歳年上彼と結婚間近の箱入り娘が知った、婚前素行調査の結果とは~その2~【浮気事件簿】

その後、3日間調査を続けましたが、彼と彼女の行動パターンは、朝ジムに行き、コンビニで落ちあい、2人で彼の家に行き、夕方から近くの飲食店に行き、帰る……というルートでした。

夕方に家から出てきて、歩いて渋谷へ。知り合いの飲食店に入って行きます。ちなみに、依頼者・里香さんは、このお店には行ったことがなかったとか。

お店では、彼女と彼はとてもお似合いです。お店に居合わせた外国人と話すときは英語で話していました。そして、彼女は頭の回転がとても速く、彼のコミュニケーションをサポート。彼が英語に詰まるとサッと出てきて、何かを話して笑わせています。ペアの探偵は海外勤務の経験があるのですが、「ジョークを飛ばせるくらいまで英語を話せるってすごい」と舌を巻いていました。

彼は彼女に対して独占欲があるようで、近づいてくる男を警戒。気が付くと肩や腰を抱き“俺の女だ”と言わんばかりのアピールをしていました。

20時に飲食店が終わると、2人は会計を済ませて店を出ます。彼女はさっさと帰りたそうなのですが、彼は引き留めようとしていました。

そんな彼女を追うと品川区内にあるコンパクトでおしゃれな一戸建てに入って行きます。表札を見ると、彼女と夫の名前があり、夫の名前を検索すると、名の通ったコンサルタントだったのです。

土日もこのパターンを繰り返していました。この調査からわかったのは、彼は他人の妻である彼女と不倫をしつつ、依頼者・里香さんとの関係を持っていると言うことでした。

報告をすると、お母様は「やっぱり。いい男にはいい女がいるんです」とキッパリ。里香さんはあまりのショックに泣いています。その日はお帰りになりましたが、その後についてお母様から連絡がありました。

「娘の彼は、娘のことは本気で大切にしようとしており、そこの気持ちに嘘はないと言いました。ただ、それは浮気相手の彼女が夫と離婚しないことがわかっているからだと。でも、娘が自分を好きなことはわかっているので、結婚し、夫として娘を大切にしながらも、その彼女のことも愛し続けようと思ったそうです。

娘はショックを受けていましたが、”そんなに強い思いで誰かを愛してみたいし、愛されてみたい”と言っていました。結局、彼から”不誠実な態度で申し訳ない。里香ちゃんのことは好きだし大切に思っている”という直筆の手紙をもらいましたが……。娘は放心状態ですが、やがて元に戻るでしょう」

調査結果を見せたところ、彼は「気付かなかった」ととても驚いていたとのこと。

「聞けば、ほぼ平日は彼女が家に来ていたようです。土日に娘とデートしていたのは、結婚している彼女が家を空けにくいから。この調査の時はたまたま彼女の夫が地方に出張に行っていたようです」

今回の一件で、里香さんは同世代から結婚相手を探すことに腹を据えたとのこと。

「今は、親の私達が結婚相手を探しています。6月あたりまでには決まるんじゃないかしら。特別扱いされるのは嫌かもしれませんが、仕方ありませんよね。恋愛と結婚は別ですから。里香も若いころにさんざん恋愛をしたのだから、これからは結婚して落ち着いてもらわないと。遊んだからこそ、きっといい家庭が築けると思いますよ」

今回の調査費用は、60万円です。

ウオーキング、ジョギング、ジム通いでの男女の出会いは増えている。

※本連載はプライバシー保護のため、一部内容を変えています。

賢人のまとめ

結婚前の素行調査で、相手の素顔がわかることは多々あります。特に借金問題や異性の存在、暴力的な行動などがわかり、結婚を取りやめるケースも増えています。

1 2

プロフィール

山村佳子

夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。大学在学中に、憧れの気持ちから探偵社でアルバイトを始め、調査のイロハを学ぶ。大学卒業後、10年間化粧品メーカーに勤務し、法人営業を担当。
地元横浜での調査会社設立に向け、5年間の探偵修業ののち、2013年、リッツ横浜探偵社設立。依頼者様の心に寄り添うカウンセリングと、浮気調査での一歩踏み込んだ証拠撮影で、夫婦問題・恋愛トラブルの解決実績3,000件を突破。リッツ横浜探偵社 http://www.ritztantei.com/