コラム 「結婚と恋愛は別!」剛腕営業女子が、婚約者の浮気調査結果を知った後~その2~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、澤本真理子さん(仮名・30歳)です。国内大手の銀行に勤務するキャリア女性。交際半年、真剣に結婚を考えている彼(35歳)の調査依頼です。この彼は探偵の目から見てもクロ。それでも調査をしてほしいと依頼されました。

【調査までの経緯は前編で】

真理子さんは彼の現住所、勤務日、洋服の特徴、所持しているクルマ、バイクの写真までそろえてくれました。仕事で結果を出す女性は、相手が結果を出しやすいように的確にパスを送ってきます。

まずは、静岡県内にある社宅前で張り込みを開始。朝8時に出社し、15時くらいに出てきました。

その後、近くのターミナル駅に向かう一帯で働く人のための専用バスに乗り、新幹線が停まる大きな駅へ。

慣れた様子で切符を買い、東京行きの新幹線に乗ります。東京駅で下車し、繁華街へ。飲食店に入ると、35歳くらいの女性と合流。女性は髪を巻いていて優しそうな雰囲気。服の感じがベージュとピンクをベースにした、“いかにもきれい系のOL”です。

女性の薬指には結婚指輪が光っており、彼のことを「●●ク~ン」と甘い声で呼んでいます。とても込み入った仕事の話を楽しそうにしており、2人は同期入社の様子。

2時間ほど食事をすると、2人は東京駅の改札で別れ、別々の車両に乗って五反田で下車。ラブホテルがある方向に、不自然に距離を取って歩いていきます。2人は行くホテルが決まっているのでしょう。別々にホテルに入って行き、中に入るとべったりといちゃいちゃ。パネルの前で愛の言葉をささやきつつ、部屋を選んでいます。

その2メートル後ろには、私達がいるのですが、全く気にしていない様子でした。女性が自分の夫についても話しています。どうやら、彼女は彼のかつての上司のようでした。

社内不倫の関係者3人とも顔見知りという、珍しい調査になりました。

それから1時間半後に出てきたときは、手を繋いで密着しながら駅構内へ。名残惜しそうに改札で別れていきました。

女性を追うと、五反田から15分圏内の駅で下車。改札前には塾帰りらしい小学生の男の子と、40半ばの男性が待っており「ママ―」と嬉しそう。3人は手をつなぎながら、大田区内のファミリーマンションに帰宅していました。

そして、私達は、翌週も同じような調査をし、ほぼ、同じパターンのデートプランを2回撮影したのです。

結婚したい恋人が付き合っている人妻、子供、夫が調査でわかり……

1 2