コラム 結婚先延ばしで5年の歳月が……アラサー女子の忍耐の果て~その2~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、安本満里奈さん(仮名・32歳)。大手食品関連会社でSEとして勤務しています。調査対象は、同棲5年になる同じ会社の同期の彼(32歳)。結婚を5年間先延ばしされ、同棲期間中の家賃も生活費も満里奈さんが負担しているとのこと。

【調査までの経緯は前編で】

調査はカウンセリングの翌日から入りました。依頼者・満里奈さんのように、彼のことを深く愛している人は、調査が入っていることを相手に話してしまったり、動揺して悟られてしまう可能性が高いので、即開始しました。

2人は朝、いつも一緒に出勤するというので、8時30分に都内の住宅街にある満里奈さんの自宅一戸建ての前で張り込みを開始。

カウンセリング時と同じようにスタイリッシュな服装で出てきた満里奈さん。クールでビシッと決まっています。彼も満里奈さんが好きになるだけあり、長身で均整の取れたスタイルでおしゃれ。スーツ姿はモデルのようです。

満里奈さんは私たちに気付いたのでしょう。目で会釈をしています。「調査が失敗するので、私達を見かけても無視してください」と言っておいたのにに、忘れていたようです。

気付かれないかひやひやしましたが、彼は心ここにあらずという感じなので、セーフ。

満里奈さんは都心へ、彼は乗換駅で事業所へ。窓の外をボーッと見ている姿も美しく、見とれてしまいます。

事業所がある駅よりも3つ手前の大きな駅で下車。駅から5分ほど歩いたところにある単身用マンションに、慣れた様子で入って行きました。

彼は10分程度でデニムにトレーナー姿に着替え、ノートパソコンを抱えて、近くのコワーキングスペースへ。

ここでは1日中、パソコン通じて作業をしたり、会議をしたりしていました。彼はものすごく仕事に対して真面目。1時間作業をして、5分休むというルールを決めているようで、真摯に仕事をしていることがわかりました。

朝9時30分から昼食も取らず、ぶっ続けで18時まで仕事をしており「これは何も出ないのか?」と私たちも思い始めたころ、小柄で色白のショートカットの女性が彼のもとにやってきました。

年齢は20代半ばくらいでしょうか。ジャケットの通勤服が洗練されており、耳のイヤーカフがモードな印象です。

彼女が来ると、彼はとてもうれしそうな顔をして、彼女の手を取ります。彼女は隣に座ると、細い腕を絡めて頭を彼に預ける。甘え上手な女性です。

彼女が来るとパソコンをしまい外へ。腕を組みながら高級スーパーへ向かいます。総菜を3品、白ワインを1本購入し、4000円ほどを彼が支払っていました。女性は小柄で華奢。動きも軽やかで妖精のようなかわいらしさです。

2人は彼が朝入って行ったマンションに行きます。その後、2人が出てきたのは、23時30分。彼はスーツを着ています。そして、マンションの前で、名残惜しそうにキス。

女性が「駅まで送ります。1分でも長く一緒にいたい」と言うと、彼は「女の子は危ないからダメ。僕ひとりで帰るよ」と頭を軽くなでて、額と唇にキス。

本当に2人は愛し合っている様子で、付き合いもかなり長い男女ならではの雰囲気を醸し出しています。依頼者・満里奈さんとは交際5年・同棲5年……この女性はいったい何なのでしょうか。

翌日も調査をすると、ほとんど同じようなパターン。依頼者・満里奈さんに報告すると「これは、私達の2年後輩の元社員です」と絶句。

彼女は寿退社したはずだったのに……

1 2