コラム 25年の片思いの末交際。幼なじみの彼女の手帳に見つけた、覚えのないハートマークの意味~その1~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は男性です。大手商社に勤務する望田祥太さん(仮名・28歳)は、現在交際している年上の恋人について、不審な点があると私たちに調査を依頼されました。

祥太さんは、優しそうなハンサム顔で、実際に彼女はもちろん、自分の両親や彼女の家族にも気を使い、幸せに生きられるように配慮しているような男性です。

おそらく、彼女とも、良好な関係を築けているはず。なのになぜ、私達に依頼をするのでしょうか。

「自分で、事実を知ってしまうと、怒って彼女に対して暴言を吐いてしまうかもしれないからです」と言います。

浮気が発覚した時と、怒りの感情はセットであり、多くの人が怒りに任せて相手を非難したり、追い詰めたりしてしまいます。

「怒りはどうにもならない感情です。僕は実の父親がDVをしていたので、暴力による負の連鎖のようなものを作りたくないんです。だから、高校生の頃から感情をコントロールするために瞑想などをしてきました。でも、僕は彼女のこととなると、好きすぎて自分が制御できなくなってしまいそうで」と深刻な顔で語っていました。

彼女は、3歳年上の31歳。祥太さんとは幼なじみの関係でした。

「幼い頃、僕の父親が暴れると、彼女の家に逃げていたんです。不安になり、泣いている僕の頭を撫でてくれたり、心を落ち着かせてくれたりしてくれました。僕が10歳の時に両親が離婚して引っ越しをしても、彼女のことを忘れたことはありませんでした」

再会したのは、それから12年後。

「僕は高校時代は留学をしていて、その後地方の国立大学に入学しました。卒業したときに、実の父親が亡くなったという知らせがあり、彼女の住む街に久しぶりに行きました。すると、25歳の彼女はCAになっていて、パイロットの男性と結婚していたんです」

しかし、彼女が29歳のときに離婚。原因はなかなか妊娠しないことに対して、元夫の母親が、彼女に仕事を辞めさせようとしたからだそう。

「彼女には、子供が欲しいという願望がほとんどないんです。元夫とは円満離婚で、その後男性は別の人と結婚し、2人の子供を育てているそうです。元夫が再婚したのは、彼女が通っているフラワーアレンジメント教室の先生でした。僕は、彼女が離婚したことを知って、ずっと好きだったことを告白しました。押して、押して、やっと交際のOKをもらいました」

彼女の写真を見せていただくと、艶のある黒髪セミロングで、清楚で優しい雰囲気。祥太さんとは美男美女カップルでお似合いです。

【彼女とは、理想の家庭を築いていきたいのに……】

1 2