コラム 25年の片思いの末交際。幼なじみの彼女の手帳に見つけた、覚えのないハートマークの意味~その2~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者、大手商社に勤務する望田祥太さん(仮名・28歳)は、現在交際している、年上の恋人(31歳)が、手帳にハートのシールをつけていたことについて、浮気を疑います。祥太さんは彼女とすぐにでも結婚したい。それなのにはぐらかされ、さらには浮気疑惑まで出てきて、不安定な状態になっていました。

【調査までの経緯は前編で】

彼女は、祥太さんとは半同棲のような感じで、週に2日は祥太さんのマンションに泊まるそうです。ですから、彼女が「この日は実家に泊まる」と言っている日を狙って調査を実施しました。

彼女が勤務先から退勤するところを狙います。都心のインテリジェンスビルで、入り口が3か所。そこに探偵を配置して、15時から張り込み開始。

彼女は、ぱっと見地味ですがスタイルがとてもよく、品の良さがにじみ出ています。ハイスペック男子・祥太さんが夢中になるのもわかります。レース素材を使用したカーキ色のワンピースがとてもフェミニンかつクールに決まっています。

彼女は、会社から真っすぐ駅に向かい、1駅乗ったところで下車。駅からかなり離れた幹線道路沿いのコンビニまで行き、 あたりをきょろきょろと見渡しながら、 誰かを待っている様子です。

「これはクルマになる」とペアの探偵が直感。近くにいたタクシーを捕まえて待機。またこの運転手さんが、抜群のドライブテクニックでした。

これは余談ですが、どのタクシーに依頼するか、というのも探偵の腕の見せ所でもあります。積極的に協力してくれる人、内容を根掘り葉掘り聞き出そうとする人、仕事だから何でもするという人もいれば、拒否する人もいます。

ただ、このタクシーの運転手さんは、近年まれにみるプロフェッショナル。目立たないように待機し、「あのクルマが怪しいんじゃないかな」と“わナンバー(レンタカー)”の軽自動車に注目。すると、彼女はコンビニから出てきて、デートには使いそうもない、軽自動車のレンタカーに乗り込みました。信号にひっかかっても、運転手さんは対象のクルマを見落とさず,最後まで追ってくれたのです。

聞けば、タクシードライバーをする以前は、週刊誌のスクープチーム専属のドライバーだったとのことです。その雑誌が何十年も前に廃刊になってからずっと、タクシーの運転手をしているとのこと。

それにつけても、彼女は独身なのに、かなり用心深い様子。祥太さんが強く彼女を愛しているとはいえ、少々気になります。

クルマはそこから30分程度走り、あるラブホテルに入っていきました。相手の男性はとても背が高く、彼女とは慣れたような雰囲気です。そしてきっかり2時間で出てきて、彼女を近くの駅で降ろすと、そこから2キロほどのカーシェアポートにクルマを返却。そこから1時間かけて自宅と思しきマンションに入っていきました。

男性はいったい、何者なのだろうか?

1 2