コラム 2年交際し、授かり婚を望む優しい彼の「なりすまし」疑惑。彼はいったい何者?~その2~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、中村愛美さん(仮名・30歳)。都内の食品関連会社に勤務しているキャリア女性です。交際して2年になる有名日本料理店勤務の彼(32歳)が、別人のなりすましではないかという疑惑が持ち上がります。なぜなら、彼が洋食のコックさんの服を着てネットに載り、愛美さんが勤務先と聞いていたお店に問い合わせてみたところ、彼はそこにはいなかったことが判明したからです。

【調査までの経緯は前編で】

愛美さんは彼に「あなたのお店に問い合わせたら、“そんな人はいない”と言われた。それに、この記事の集合写真に写っているのはあなただよね。あなたはいったい何者なの?」と直接聞きました。

「すると、“何を言っているの?”とガチギレ。今まで、優しくて穏やかだと思っていたのに、突然豹変したんです。いきなりテーブルを叩いて“お前のようなサイコパスはこっちからお断りだ”と家を出て行き、すべての連絡先をブロックされました」

手がかりは彼の家とライターさんのもたらす情報のみでした。

「再びライターさんに連絡をすると“あれはもう1年近く前の取材で、話せることはすでに話しました”と、最初の口調とは打って変わって、ぴしゃりと切られてしまったんです」

それから2日間、悶々とした日々を過ごすうちに、真実を知りたくなったのだそう。

「ホントに大好きで、赤ちゃんも欲しかったし、こんな家に住みたいねって、間取りを書いたりもしていたんですよ。それなのに別人のなりすましって本当に悲しい。それに、ボーッとしていたとはいえ、すごく大切な28歳から30歳までの2年間という歳月を、実態がわからない人に捧げたのが本当に悲しいんです」

本来なら、もう結婚しており、子供を抱いていたかもしれない。愛美さんの悲しさと悔しさと衝撃を思うと、私もやり切れません。ただ、バレた以上は彼の動きも早いはず。その日のうちに、彼の家の張り込みを開始しました。

彼の家を独自に調べると、愛美さんが知っている彼とは別の名前で契約して住んでいました。

その名前を検索しても、何も出てきませんでした。実際にSNSはやっていないようです。これは浮気をしている男性に多いのですが、足がつきやすいSNSを一切やらず、メディアにも出ないのです。匿名でいることは武器だと感じることもあります。

名前がわかったので楽勝だと思うも振り出しに。彼の家の出入りを24時間体制で2日間張り込みをしました。

2日目の夜22時、彼が自転車でマンションに入っていくところをキャッチ。そして、40代くらいの女性が同じく自転車でやってきて、彼の部屋に入っていきました。

2人は朝6時にマンションを出て、自転車で出かけていきます。私たちは徒歩とクルマを想定していたので、一切の準備をしていません。そこで、元長距離走選手だったペアの探偵が、“いかにもランニングをしている人”という様子で彼らを追うことにしました。

地元密着型の飲食店に入って行ったが…

1 2