コラム 初めて交際した豪快女子と結婚を決めるも、30代エリート男性が抱える一抹の不安~その2~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は、マスコミ関連会社大手に勤務する金田浩平さん(仮名・30歳)。ぽっちゃり体型で柔和そうな男性です。ほっそりとしたお母様と、カウンセリングルームにお見えになり、結婚相談所で出会った5歳年上の専門学校職員の女性を調べてほしいという依頼をいただきました。無計画にクレジットカードで決済する金遣いの荒さが引っかかっているとのこと。

【調査までの経緯は前編で】

今回の調査は、いつもの浮気調査ではなく、素行調査です。現在、依頼者・浩平さんと彼女は、週に1回ほどデートしているとのこと。コロナ禍なので、近所の公園を散歩したり、都内のキャンプ場に浩平さんのクルマで行くことが多いのだとか。

平日の動きが知りたいととのことで、彼女の勤務先の専門学校からスタート。

17時の定時から張り込みを開始しましたが、23時まで出てきません。浩平さんの情報通り、彼女はワーカーホリックで、毎日遅くまで勤務していることがわかりました。専門学校からやっと出てくると、近くのコンビニで、おにぎり2個とハムチーズサンドイッチ、肉まんと発泡酒(500ml)を購入。クレジットカードで決済しています。コンビニから出ると、発泡酒を開けて一気に飲み始めました。ぷはーっとおいしそうな顔をしてから、歩きながらサンドイッチを開封。

サンドイッチは2つ入りなので、通常はひとつずつ食べると思うのですが、彼女はパックごとギュッとつかみ一気に食べています。ろくに咀嚼もせずに飲み込んでいるようでした。

おにぎりも歩きながら3口くらいで食べきってしまい、そのまま駅に到着。今度は牛丼屋さんでテイクアウトの牛丼をカード決済で購入し、駅のベンチでかっ込み始めます。食べ終わったあと、駅で売っているプリン味のドリンクを一気飲み。この食べ方では生活習慣病になってしまうのでは……と勝手ながら体の心配をしてしまいました。

彼女は東京の下町方面のアパートに住んでいるとのことですが、乗った電車はそれとは逆方向。

大田区内の私鉄沿線の駅で降り、90年代に建てられた感じの、鉄筋アパートへ。外階段でセキュリティはありません。慣れた様子でカギを開け、中に入っていきます。10分もしないうちにジャージに着替えて出てきました。

最寄り駅まで再び歩いていき、終電近い電車を待っています。すると改札付近でスリムで背の高いスーツ姿の男性と合流。近くのコンビニで発泡酒を2本買い(彼女がカード決済)、歩きながら飲み始めました。

2人はかなり親密な間柄のようで、イチャイチャしながらがら帰宅。朝8時に2人は出てくると、学校の最寄り駅で別れます。男性を追ってみると、彼女と同じ学校へ。どうやら勤務先の同僚のようです。

彼女はコーヒーチェーン店で、生クリームがたっぷり入った極甘ドリンクを飲んでから時間差で出勤しました。

調査結果を彼女に話すとキレられた

1 2