コラム 6年同棲しても結婚を‟まだ早い”という彼。子供が欲しいアラサー女子の別れ計画と意外な結末~その1~【浮気事件簿】

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の関係、浮気調査のポイントについても語ります。

☆☆☆

今回の依頼者は坂本美子さん(仮名・32歳)。大手IT関連会社に勤務する女性です。見た目はぽっちゃりしていて優しい雰囲気ですが、眼光が鋭く発言にキレがあります。自分の信念を絶対に曲げず、突き進むタイプの女性だと拝察しました。

相談は、同棲6年になる、6歳年上の彼について。

「彼と私は元上司と部下で、私からアタックして付き合いはじめ、すでに6年間も一緒に住んでいます。もはや夫婦みたいなものです。同棲するときは、お互いの両親のところに挨拶に行き、“いずれ結婚します”という話もしてもらっているのですが、その後一向にその気配がないのです。私は子供を産みたいので早く結婚したいけれど、彼は“まだ早い”っていつも言うんです」

美子さんは、同棲をしてからみるみる出世していき、重要な仕事を任されるようになります。しかし、2年ほど前に、元上司だった彼を追い抜いてしまってからは、関係が険悪に……。

「それまで私のことを応援してくれたのに、“だれのおかげで出世したと思っているんだ”と言ってくるようになったんです。私も心の中で“ちっせー奴だな”と思いながらも、うわべ上は立てていたんです。すると、だんだんふんぞり返るようになってしまって」

彼が仕事のストレスから美子さんに当たり散らすように。飼っている猫も怖がって、彼が家に帰ってくるとリビングから出て行ってしまうそう。

「私もすっかり今の生活に参ってしまっているんですけどね。不眠になったり、ドキドキしたり、かなり不安定なんです。ならば、別れればいいのですが、それも嫌なんです。ずっと一緒にいたものだから、ひとりの生活に戻るのが想像できないんです。それに今、ペット可の広いマンションに住んでいるんですが、同じ条件でひとりで新居が見つかるとも思えません。彼は掃除が好きで、モノの整理が上手。私がきちんと人として生活できているのは、そういった彼の力も大きいんですよね」

美子さんは「私にしては珍しいのですが、考えが行きつ戻りつするというか、自分で決められないんです」と言います。

「占いにも何回も行きました。彼と私は相性はいいんですって。そう言われるとまた迷っちゃうんですよね……。そして山村さんのところに来ました」

話を聞いているうちに、相手が本当は何がしたいのかがわかって来るものです。そこで、美子さんの現在の不安とこれからどうしたいのかを伺いました。

彼は浮気をしているのかもしれない……

1 2